ワダツミノキ開花-奄美大島、梅雨期に彩り

 奄美大島固有のワダツミノキが島の中南部の山裾で満開となった。クロタキカズラ科の落葉小高木。綿毛に包まれたような白い花が梅雨の野山を彩っている。  2004年、京都大学の研究グループの調査で、同一種とされていた絶滅危惧種 […]

松くい虫被害、奄美大島全域に拡大

 県大島支庁林務水産課がまとめた「松くい虫被害の発生状況」(2014年3月末現在)によると、奄美全体の被害容量は7万6300立方㍍(前年同期比3200立方㍍増)で、奄美大島では島内全域に広がり、13年度中に徳之島町と和泊 […]

奄美で18事業開催へ-国民文化祭かごしま2015

 【鹿児島総局】2015年10月31日~11月15日の16日間、鹿児島県で開催される第30回国民文化祭の県実行委員会(会長・伊藤祐一郎知事)は13日、鹿児島市のホテルで第3回総会を開き、主催事業の開催・募集要項などを盛り […]

売り上げ増に期待-奄美でもW杯商戦始動

 6月12日(日本時間13日)開幕のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会まで1カ月を切った。日本代表メンバーも決まり、奄美群島のスポーツ店や書店などには関連商品が入荷する見込みだ。関係者は「売り上げを伸ばすチャン […]

男性がお・も・て・な・し―知名町、住吉青壮年団

 【沖永良部総局】知名町住吉字青壮年団は「母の日」の11日、同集落の公民館に婦人会を招いてごちそうを振る舞う「母の日の集い」を開いた。料理、接待、片付けなど全て男性が行い、日頃の感謝の気持ちを伝えた。 集いは15年目。今 […]

年度内供用目指し急ピッチ-網野子バイパス

 瀬戸内町と奄美市住用町間の峠越え解消に向け県が進めている国道58号網野子バイパス整備事業は、2014年度内の供用開始を目指し工事が急ピッチで進んでいる。13年度末の進捗(しんちょく)率は事業費ベースで98%に達しており […]

奄美の森をかれんに彩る-アマミスミレ

 奄美大島の森で同島固有のアマミスミレがひっそりと初夏を彩っている。白く、中央に緑色を帯びた花は直径1㌢ほど。絶滅の危機にさらされながら必死に命をつなぎ、スミレ科では国内最小の花を咲かせている。  山下弘氏の「奄美の絶滅 […]