コウノトリ飛来9カ月/奄美に居着く

 国の特別天然記念物のコウノトリ2羽が昨年12月ごろから、奄美群島北部に住み着いている。いずれも兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園から昨年6月に巣立った個体で雄の兄弟。コウノトリは新しい餌場を求めて行動範囲を広げるが、 […]

災害乗り越え納涼大会

 奄美市住用町の特別養護老人ホーム「住用の園」(土持圭子施設長、入所者50人)は27日夕、施設中庭で納涼大会を開いた。2010年10月の「奄美豪雨」に伴う施設移転後、初めての開催。入所者、職員のほかには数人のゲストが参加 […]

ひらとみ祭り、舟こぎ競争で熱戦

 大和村の第23回ひらとみ祭り(同実行委員会主催)が30日、思勝港湾一帯であった。舟こぎ競争やステージショー、花火大会など多彩な催しが繰り広げられ、村内外から訪れた家族連れなどでにぎわった。 舟こぎ競争は村外からの参加を […]

県体大島選手団が結団式

 第68回県民体育大会に出場する大島地区選手団の結団式と激励会が29日、奄美市名瀬の集宴会施設で開かれた。選手、監督、関係者ら約100人が参加。空手道の田代優介選手が「昨年より多くのメダルを持ち帰れるように全力を尽くす」 […]

ことわざカルタ 教科書に

 奄美の郷土史に詳しい三上絢子さん(77)=奄美市名瀬出身=が昨年末に出版した「奄美ことわざカルタ」(南方新社)が2015年度、小学校4年生の国語教科書に掲載されることが決まった。三上さんは「奄美の先人の教えが文化として […]

ウミガメの幼体捕食か?アカマタ砂浜に潜る

 ふだんは主に山に生息する無毒蛇のアカマタが海辺の砂浜に頭を突っ込んでいる光景が25日夜、奄美市名瀬の大浜海浜公園で撮影された。ウミガメの卵や幼体を捕食するための行動。奄美海洋生物研究会の興克樹会長が撮影した。「この捕食 […]

奄美市・宇宿が事例発表/水土里サークル大会

 国の交付金を活用して農地や農業用施設、農村環境などを地域ぐるみで保全する「水土里サークル活動」の2014年度推進大会は28日、鹿児島市の宝山ホールで開かれた。奄美市笠利町の「宇宿ゆいの郷ティダむらづくり隊」が活動事例を […]

前年度比4%減の7339㌔㍑-黒糖焼酎出荷量

 県酒造組合奄美支部(川崎洋三支部長)は2013酒造年度(2013年7月~14年6月)の焼酎需給状況をまとめた。黒糖焼酎の製成(生産)量は前年度比4・1%減の7463㌔㍑、課税移出(出荷)量は4・0%減の7339㌔㍑。出 […]

戦中・戦後の食事体験教室

   喜界町中央公民館主催の夏休みサマースクール「戦中・戦後の食事体験教室」が26日、同公民館であった。町内の小学生7人が参加。太平洋戦争中や終戦後の食料が乏しかった時代に人々が食べていた「ソテツのナリ(実)がゆ」や「粟 […]