奄美各地で日暈現象

 〇…太陽の周りに光の輪ができる現象「日暈(ひがさ、ひのかさ)」が20日、奄美各地で見られた。沖永良部島では正午前後、薄い雲がかかった青空に、虹色のきれいなリングが浮かんだ=写真。 〇…名瀬測候所によると、主に上空を巻層 […]

奄美市で理科作品名付け会

 奄美市教育委員会主催の「夏休み理科作品名付け会」が20日、同市の奄美文化センターであった。児童生徒が夏休みの自由研究で集めた植物や昆虫、貝、岩石について講師の助けを借りて調べ学習する場。名瀬・住用地区から約70組の親子 […]

ライフセービングクラブが啓発

 奄美ライフセービングクラブ(佐野常男代表、30人)は海水浴を安全に楽しむための心得を記したチラシを20日から奄美大島の観光・宿泊施設に配り始めた。奄美市笠利町内の海岸で海水浴中の死亡事故が相次いだことを受けて啓発活動を […]

徳之島で再生エネ新規契約説明会

  【徳之島総局】太陽光発電の急速な広がりを背景に、九州電力が管内6離島で再生可能エネルギー設備の新規接続契約受け付けを一時中断している問題で、奄美群島内3島の現地説明会が20日、徳之島を皮切りに始まった。九電側は発電設 […]

大勝小と石垣島の児童が交流

   龍郷町の大勝小学校(田邉源裕校長)で19日、奄美大島と沖縄県石垣島の違いを話し合う「石垣・奄美こども会議」があった。石垣島の小学生6人と大勝小6年生7人が交流しながら、お互いの島の自然や文化について意見を […]

多様な奄美の自然体感

 奄美大島生物多様性地域戦略策定運用協議会主催の「奄美の自然じっくり体験会」が19日、龍郷町の奄美自然観察の森であった。町内外から家族連れなど18人が参加。専門家の説明も受けて奄美の豊かな自然を体感し、生物多様性保全の大 […]

ヤマシギの捕獲禁止継続

  県環境審議会鳥獣部会(部会長・舩越公威鹿児島国際大教授、委員8人)は19日、鹿児島市の県庁で開かれ、狩猟鳥のヤマシギを奄美市と大島郡の一円で2014年11月1日から24年10月31日までの10年間、捕獲禁止措置を継続 […]

なでしこリーグの永野さんが後輩と練習

 女子サッカー・なでしこリーグに所属するFC国際吉備大学シャルム(岡山県)の永野桃子さん(19)=朝日中出身=が18日、小学生時代にプレーしていたFC朝日(朝日小)の練習に参加し、子どもたちと一緒になってさわやかな汗を流 […]

島民と一緒に島おこし

   ㈱カケハシスカイソリューションズ(本社東京都)の地域活性化サポート事業「島キャン」による夏のインターンシッププログラムが奄美5島で始まっている。8月から9月にかけて、160人が研修予定。島ならではの仕事や […]

外客誘客で交流人口拡大へ

 訪日外国人旅行者受け入れ研修会(県観光交流局観光課主催)が18日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。基調講演で㈱ジャパン・インバウンド・ソリューションズ社長の中村好明氏が「ビジネスや冠婚葬祭を含めた人々の全交流活動が […]