ヤコウガイのふた、約2800年前と推定

 与論町教育委員会と日本工業大学(埼玉県)、微化石の調査・研究に取り組むパリノ・サーヴェイ㈱(本社・東京都中央区)は22日までに、与論町麦屋の上城(うわぃぐすく)遺跡から1990年に発掘されたヤコウガイのふた製品は「約2 […]

公園で大物ハブ御用・奄美市名瀬

   奄美市名瀬古田町で21日早朝、体長1㍍70㌢のハブが捕獲された。現場は住宅密集地にある「みどり公園」の中。捕獲したタクシー運転手の當真正之さん(55)によると、ハブは公園内にあるビロウの木の根元にいたとい […]

島の薬草でハーブ茶・与論の日本マルコ

   与論町の日本マルコデータ㈱(小板橋博行社長)は23日、島のハーブを活用したブレンド茶「与論島の愛(めぐみ)」を発売した。同社農業事業本部の田中國重部長は「島の薬草を代々大切にし、伝えてきた先人への感謝の気 […]

群島各地で運動会

 奄美群島内の小中併設校や中学校などで21日、運動会・体育大会が行われた。子どもたちが各競技ではつらつとした姿を見せ、会場に訪れた保護者や地域住民らが温かい声援を送った。 奄美市名瀬の市立小宿中学校(伊集院晋校長、生徒1 […]

大島紬絣文様を収集/データ保存、活用後押し

 県工業技術センター企画支援部が大島紬の絣(かすり)文様集を作成している。奄美各地で収集した文様のうち1600柄を掲載する計画だ。製品として再現できるよう、仕上がりの想定図や図案をデータ化して保存した。需要の低迷が続く中 […]

「奄美・琉球」検定に人挑戦

 2014年度「奄美・琉球世界遺産検定」(NPO法人アジアクラブ主催)が21日、奄美市名瀬のAiAⅰひろばであった。島内の高校生から70代以上の高齢者まで11人が受験。世界自然遺産登録候補地にもなっている「奄美・琉球」の […]

在宅医療へ地域連携/瀬戸内町

 瀬戸内町医療フォーラム(同町主催)が20日、町中央公民館であった。在宅医療の現状や課題を知り、在宅患者と高齢者が住み慣れた場所で生活するための地域連携の在り方を探った。消防による公開デモンストレーションなどで低血糖発作 […]

バスの魅力、子ら体験/「しまバスの日」イベント

 「バスの日(9月20日)」にちなんだイベント「しまバスの日」(㈱しまバス主催)が20日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。訪れた子どもたちが利用者を安全、快適に目的地まで運ぶためにバスの運転手が行う1日の業務や点検作 […]