大浜海浜公園の砂が消えた―奄美市名瀬

 奄美市名瀬の代表的観光スポット大浜海浜公園で、海岸の砂が激減している。約1㌔の海岸線のうち、北側の駐車場前はビーチロックが露出し、足元を注意しながら過ごす観光客の姿が目立つ。砂浜の高さが1㍍近く低くなったという指摘もあ […]

小型機事故で欠航続く/奄美―鹿児島の各航路

 鹿児島空港で26日午後に小型機が胴体着陸し滑走路が一時閉鎖された影響で、奄美の各空港と鹿児島を結ぶ路線は27日も午前中を中心に欠航や遅延が続いた。欠航は日本エアコミューター(JAC)鹿児島―奄美大島2便、鹿児島―徳之島 […]

喜界島の夏、到来/スギラビーチで海開き

  喜界町のスギラビーチで26日、喜界島観光物産協会(松田裕道会長)主催の海開き行事があった。ビーチには子どもから大人まで約500人が詰め掛け、海水浴や水遊び、宝探しなどのアトラクションを楽しんだ。  

満開ユリとこいのぼり、和泊町玉城

 5月5日の端午の節句を前に和泊町玉城(安田克彦区長、150世帯315人)のアグリパークに26日、こいのぼりがお目見えした。テッポウユリ5万輪が咲き誇る中、こいのぼり22匹が青空の下で気持ち良さそうに泳ぎ、通行人の目を楽 […]

おきのえらぶ全島フラワーコン

 おきのえらぶ島観光協会(松元道芳会長)は26日、全島フラワーコンテストを開催した。本年度、観光連盟から観光協会に衣替えして初の審査会には13団体・個人(和泊町2、知名町11)が応募。自慢の花壇や庭を披露し、審査員の採点 […]

シマ桑 販売強化へ

    知名町は2015年度、「シマ桑」商品の販売強化に乗り出す。クワの葉は高血圧や糖尿病、肥満などに効果があるとの研究結果も出ている。町シマ桑生産組合(西直実組合長)が栽培するクワの葉は無農薬。4月以降、健康 […]

子ども大会でさまざまな遊び体験

 身の回りの物を活用した遊びや創作活動を楽しむ第37回奄美市子ども大会(市子ども会育成連合会主催)が26日、名瀬運動公園であった。家族連れなど約400人が参加。会場ではパン食い競争や近くの川辺での水生生物観察のほか、奄美 […]

群島水産青年協がお魚まつり

 奄美群島水産青年協議会(座安俊朗会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が26日、奄美市名瀬の大熊漁港であった。魚食の普及を図ろうと今年で21回目。奄美近海で水揚げされた地魚が販売され、千人を超える人出でにぎわった。アカウルメ […]

産官学連携で産業振興

 伊仙町出身の屋宏典琉球大学副学長(58)を迎えての講演会(NPO奄美機能性食品開発研究会主催)が24日、奄美市名瀬のホテルであった。屋氏の基調講演に続き、琉球大学・熱帯生物圏研究センターの稲福征志研究員が、奄美伝統野菜 […]