川の大切さ子らと感謝/「ホー開き」知名町瀬利覚

 知名町瀬利覚の湧水、ジッキョヌホーで28日、ホー(川)開き(瀬利覚字育成会子ども会主催)があった。子どもを中心に地域住民約50人が集い、川の安全を祈願したほか、川遊びを楽しんだ。 ジッキョヌホーは平成の名水百選として知 […]

ウニ漁、あす解禁

 7月1日のシラヒゲウニ漁解禁を前に奄美漁業協同組合(柊田謙夫組合長)はウニ漁の許可証を兼ねた帽子=写真=を販売している。同漁協のウニ漁期間は9月30日まで。

150人の歌声響く

 名瀬市民合唱団(平克英団長、団員約40人)主催の「第29回市民とともに歌う夕べ」が27日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。参加者に160曲を収録した歌集を配布してリクエスト曲をみんなで歌う参加型イベントで、150人 […]

喜界町で「しま興し祭り」

 喜界町の産業と文化、福祉の祭典「しま興し祭り」(町主催)が27日、自然休養村管理センターであった。文化祭や地場産農水産物の即売、お楽しみ抽選会など多彩な催しが行われ、大勢の町民でにぎわった。 祭りは今年で第12回。総合 […]

米寿3組は同窓生同士/宇検村部連

 宇検村部連集落(栄敏章区長、23世帯)で28日、夫婦3組6人の米寿の合同祝いがあった。6人はいずれも旧須古小学校卒の同級生。公民館に集まった親族や住民ら約50人は6人の長寿を盛大に祝った。

地元の唄を大事に/徳之島で島唄全島一大会

 「徳之島島唄全島一大会」(奄美音楽舎ミュージックワイド主催)が28日、徳之島町文化会館であった。対象曲を徳之島に伝わる民謡に限定した初めてのコンクールに、島内3町の小学生から70歳代まで26人が出場。心に染み入る唄い手 […]

通学路の安全喜ぶ/久根津トンネル開通―瀬戸内町

 主要地方道名瀬瀬戸内線の油井―久根津間で県が整備を進めてきた久根津トンネルが28日、開通した。旧道は幅員が狭い上に、久根津集落から油井小中学校に通う児童生徒の通学路となっていたにもかかわらず、ガードレールや歩道も設置さ […]

和泊町で若者未来会議

 町の未来を考える和泊町若者未来会議2015(町主催)が27、28の両日、同町の奄美群島体験交流推進施設えらぶ長浜館であった。町内の40歳以下を中心とした男女約80人が参加。農業、観光、子育て、健康など町の課題について2 […]

瀬戸内町営農センターで修了・入所式

 農業の人材育成を担う瀬戸内町営農支援センターの2014年度修了式と、15年度入所式が26日、同町役場であった。町内在住の修了生3人、入所生2人が出席し、今後の就農に向けた取り組みや抱負を語った。

田端さん(元日本代表)招き陸上教室

 アトランタ、シドニー五輪陸上男子1600㍍リレーの日本代表選手だった田端健児さん(40)を講師に招いた陸上競技教室が27日、天城町総合公園陸上競技場であった。小学生から一般まで約80人が参加。田端さんの実技指導を受けて […]