天城、伊仙で海開き

 【徳之島総局】大型連休初日の29日、徳之島では天城、伊仙の両町で海開きがあり、大勢の行楽客でにぎわった。両会場では神事が行われ、関係者らが海水浴シーズン中の安全を祈願した。爽やかな青空の下、ビーチでは家族連れなどが潮干 […]

田皆集落の新拠点落成-知名町

 【沖永良部総局】知名町の田皆コミュニティセンターの落成記念式典が29日、現地であり、関係者約300人が出席して祝った。沖永良部島分屯基地周辺学習等供用施設設置助成事業で整備した。総事業費は1億6331万3千円(うち補助 […]

海岸浸食で護岸建設へ瀬戸内町嘉徳

 瀬戸内町の嘉徳海岸で進む浸食を食い止めるため、県が「嘉徳海岸浸食対策事業」を計画している。嘉徳集落(徳田博也区長、16世帯27人)の要望に応え、延長530㍍の護岸を海岸に築く。早ければ2017年度に着工する。住民説明会 […]

GWスタート、奄美各地でにぎわい

 ゴールデンウイーク(GW)が29日、全国で始まった。今年は「3・3・2」の飛び石連休だが、休暇をうまく組み合わせると最長10連休になる。天候に恵まれた初日、奄美の行楽地やイベント会場も多くの家族連れや帰省客、観光客でに […]

喜界町で地震セミナー

 喜界島サンゴ礁科学研究所主催のサンゴ礁科学セミナー「熊本地震の概要と喜界島の地震」が29日、喜界町の旧早町小学校体育館であった。北海道大学地震火山研究観測センターの西村裕一博士が、4月14、16の両日に熊本県で最大震度 […]

春の叙勲、奄美から5人

 政府は29日付で2016年春の叙勲受章者を発表した。全国の受章者は4025人。県内は68人(本籍地含む)。内訳は旭日章19人、瑞宝章49人。奄美在住者は5人。元与論町長の南政吾氏(75)=与論町朝戸=は旭日双光章、喜界 […]

重要地域で外来種除去-奄美大島

 環境省と奄美マングースバスターズは28日、奄美大島中南部の林道沿いで外来植物のムラサキカッコウアザミの除去作業を行った。昨年に続き2度目。関係者は「今後も各種機関と連携して外来種対策を進め、生態系保全への住民意識も啓発 […]

コウノトリがヒメハブ捕獲

 奄美市名瀬の宮山清峰さん(66)は26日、龍郷町の水田地帯でコウノトリがヒメハブを捕らえて食べる瞬間を写真に収めた。2年前から同じコウノトリを観察している宮山さんは「今回を含め4種のヘビを食べるところを見た。今後も観察 […]

龍北中と奄美海保が海岸のごみ回収し調査

 龍郷町立龍北中学校(森真理子校長、生徒15人)と奄美海上保安部は28日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみの調査活動「リサーチきょら」を実施した。海岸に流れ着いたごみを拾い集め、種類や国を調査。生徒たちは海外から漂着したごみの量 […]

奄美全体で減少も南北へ拡大/松くい虫被害

  県大島支庁林務水産課がまとめた「松くい虫」の被害状況(2016年3月末現在)によると、奄美群島全体の被害容量は5万7200立方㍍で、前年同期に比べて1万800立方㍍減少した。奄美大島では奄美市笠利町に被害域が北上する […]