奄美の4集落で津波跡

 【鹿児島総局】奄美大島と加計呂麻島、請島の計4集落で江戸時代後期に津波が押し寄せた可能性が高いことが明らかになった。鹿児島大学理工学研究科の井村隆介准教授が地層で採取した堆積物を分析。以前の調査で10㍍超と推定した瀬戸 […]

住民主体の観光地に/奄美大島DMO事業報告会

 奄美大島DMO事業報告会(奄美大島観光物産協会主催)は24日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。島内の観光に携わる6人が現在の取り組みやDMOへの提言などを発表。委託を受け、同事業を進める㈱JTBコミュニケーションズ […]

奄美市笠利に希少な微生物岩/現地説明会

 奄美市笠利町の海岸で発見された希少な微生物岩の現地説明会が24日、奄美市笠利町の土盛海岸であった。発見者の一人で東北大学大学院理学研究科地学専攻の中森亨准教授が、干潮時に合わせて実物を見せながら解説した。沖縄本島南部で […]

海開き、沖永良部島で =カーニバルどっと家族ら

 沖永良部島の海開きイベント「海のカーニバル2016」(おきのえらぶ島観光協会主催)が24日、和泊町のワンジョビーチであった。心配された天気は時折、雨がぱらついた程度。会場には子どもからお年寄りまでたくさんの島民が訪れ、 […]

過去最多152人が参加/請阿室ウオークラリー

 「ディー、アムロチイキョヤ」(さあ、請阿室に行きましょう)―。「ウオークラリー請阿室」(請阿室青壮団、婦人会主催)が24日、瀬戸内町の請島であった。町内外から過去最多の152人が参加。美しい白砂が広がる海岸線やデイゴ並 […]

与論の高校生ら熊本支援訴え/被災の東海大生も

 熊本地震の被災者を支援しようと、与論高校の生徒と教職員、町社会福祉協議会の会員ら計40人が23日、与論町茶花で街頭募金活動を展開した。同校OBで、熊本県南阿蘇村の東海大学農学部1年生、川村碩毅さん(18)も参加。被災地 […]

陸自宿舎用地の売却決定/大熊町内会

 奄美市名瀬の大熊町内会(重田茂之会長、335世帯1050人)は23日、大熊公民館で総会を開き、奄美大島で進む陸上自衛隊警備部隊の配備計画に伴う職員宿舎用地として、町内会の所有地を防衛省側に売却することを決めた。住民から […]

エコツアーに手応え/徳之島でガイド育成研修報告

 奄美群島広域事務組合主催のエコツアーガイド育成研修の報告会が22日夜、徳之島町生涯学習センターであった。2015年度まで2年間の研修の総まとめとして、島内の受講者らが「しま(集落)歩き」をテーマに観光プログラムを企画し […]

徳之島町亀徳で「富山丸」慰霊祭

 太平洋戦争中の1944年6月、徳之島沖で米軍潜水艦に撃沈された輸送船「富山丸」の第53回戦没者慰霊祭が22日、徳之島町亀徳のなごみの岬公園であった。全国の遺族ら74人が参列。戦争の犠牲となった3724柱のみ霊を慰め、恒 […]