和泊町園芸振興協 野菜販売量は3373㌧

 和泊町園芸振興会(川村秀文会長、会員391人)の第46回総会が22日、町防災拠点施設やすらぎ館であり、2016年度事業計画を決めた。15年度の野菜販売量は3373㌧(前年度実績3522㌧)、販売額は8億7452万円(同 […]

テンテン華やかに 西阿室豊年祭

 瀬戸内町加計呂麻島の西阿室集落(祷昭哲区長、60世帯102人)恒例の豊年祭は22日、同集落であった。集落伝統の踊り「テンテン」や奉納相撲で集落の繁栄を願い、多くの来場者を楽しませた。今年は二十数年ぶりに伝統の踊り「六調 […]

和泊町で「あざ・まち元気サミット」

 和泊町の各字が展開する地域おこしプロジェクト「あざ・まち元気」活動の情報交換会、あざ・まち元気サミット(同町主催)が22日、町防災拠点施設やすらぎ館であった。テーマは「あざ・まち活動の今をみる!きく!話す!」。八つの字 […]

鹿児島港本港区 北埠頭で客船受け入れ

 喜界・奄美航路の定期船が利用する鹿児島市の鹿児島港本港区北埠頭に、県が観光客船の受け入れを計画していることが分かった。商業施設「ドルフィンポート」を核に本港区の観光拠点化を目指す三反園訓知事の公約を反映した。インバウン […]

徳之島高校で畑かん営農講座

 県立徳之島高校の畑かん営農講座が21日、天城町の徳之島ダムや伊仙町の県農業開発総合センター徳之島支場などであった。生物生産系列の2年生8人がダムを水源とする畑かんの効果に理解を深め、島の農業の担い手としての意識を高めた […]

広島市で「奄美の夕べ」

 奄美ふるさと100人応援団連絡協議会主催の「奄美の夕べin広島」が18日、広島市内のホテルであった。中国地方在住の奄美出身者を含めて組織する広島県奄美会の会員や奄美ファンや観光関係者など約 150人が来場して奄美の観光 […]

ペットの適正飼養でキャンペーン

 環境省が定める動物愛護週間(20~26日)期間中の21日、奄美大島と徳之島の4市町で犬や猫などペットの適正飼養を求める啓発キャンペーンがあった。両島のノイヌ・ノネコ対策検討会の会員らが、住民らにチラシなどを配りながら協 […]

海洋資源調査船「白嶺」が初寄港 奄美市・名瀬港

 次世代のエネルギー資源として注目されるメタンハイドレートなどの探査、研究を進めている海洋資源調査船「白嶺」(6283㌧)が18~20日、奄美市の名瀬港に初寄港した。同船の福元敏郎船長(58)は奄美市名瀬出身。20日、南 […]

大島紬活性化へ意見交換  奄美高校

 大島紬の活性化をテーマにした奄美高校と文京学院大学(本部・東京)の共同学習会が20日、奄美市名瀬の奄美高校大会議室であった。奄美高校家政科2年生34人と文京学院大学経済学部の馬渡一浩教授ゼミの学生7人が参加。大島紬の認 […]

慶應大生がフィールドワーク 奄美大島

 慶應義塾大学文学部(東京)の奄美合宿(フィールドワーク)が19日から、奄美市笠利町佐仁を中心に行われている。学生たちは島唄・八月踊り、ユタ、ツーリズムの3テーマを設定し、23日まで滞在して地元住民の聞き取りなどを行う。 […]