住民ら適切対応を要望/産廃処理場計画で県庁訪問

 奄美市名瀬崎原集落の田雲川上流で同市の業者が計画している産業廃棄物埋め立て処分場の建設をめぐり、近隣住民が27日、鹿児島市の県庁で担当課と意見を交わした。住民側は反対の意思をあらためて示し、適切な対応を取るよう要望。今 […]

資源回復へスジアラ放流/奄美大島、2日間で1万匹

 奄美大島の漁業集落4団体は27日、資源回復を目的にスジアラの稚魚を同島沿岸海域に放流した。水揚げ量の減少など漁業者を取り巻く環境が厳しさを増す中、関係者は「大きく成長し、数年後に少しでも漁民のためになれば」と期待。稚魚 […]

泉さん10管本部長賞/海保・青い海図画コンクール

 第10管区海上保安本部は27日、小中学生を対象にした第17回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクールの管内入賞者を発表した。小学生低学年の部で、泉優音さん(奄美市立小宿小2年)の作品が管内1位に当たる第10管区海上 […]

松くい虫 被害量減も南北へ範囲拡大

  県大島支庁林務水産課がまとめた「松くい虫」の被害状況(2016年9月末現在)によると、奄美群島全体の被害量は3万4703立方㍍で、前年同期に比べて7535立方㍍(17・8%)減少した。奄美大島の瀬戸内町など南部では、 […]

エコツアーガイド認定制度構築へ

  奄美大島エコツアーガイド連絡協議会(喜島浩介会長、事務局・奄美群島広域事務組合)の2016年度第2回総会が26日、奄美市名瀬の奄美会館であった。島内のガイドら約30人が参加。「奄美・琉球」の世界自然遺産登録を視野に、 […]

奄美市が陸自配備の経済効果説明

 奄美市が奄美大島への陸上自衛隊警備部隊の配備に伴う経済効果を658億円(同市と瀬戸内町の合算)と試算したことについて、市側は26日、算出の根拠などをただす住民グループに回答した。市側は、防衛省が計上した施設整備費477 […]

高卒就職内定が好調/名瀬職安管内

 名瀬公共職業安定所は25日、来春の管内高卒予定者の職業紹介状況(9月末現在)を発表した。奄美群島の求人は29事業所から73人で前年同期より6人多く、求人倍率は0.41ポイントアップの2.35倍。管内就職を望む31人中、 […]