住用小児童リュウキュウアユ産卵場整地

 世界で奄美大島にだけ残る天然のリュウキュウアユの産卵場整地活動が18日、奄美市住用町の役勝川であった。身近な希少生物の生態を知り保護活動への関心を高めようと、奄美市立住用小学校(宮司和弘校長、児童16人)の児童らが川底 […]

勇(喜界小)が全国制覇/全日本小学生女子相撲

 第19回全日本小学生女子相撲大会(日本女子相撲連盟主催)は16日、大阪府の堺市大浜公園相撲場であった。7階級に86人が参加。鹿児島県代表で6年生60㌔以上級に出場した勇美玲(喜界小6年)が総当たり戦を全勝で優勝した。

笠石ユリ畑に2万球/和泊町

 和泊町の各種団体や21集落で組織する和泊町の花と緑のまちづくり推進協議会は16日、同町喜美留の笠石海浜公園のユリ畑に2万球のユリ球根を植え付けた。来年4月下旬からゴールデンウイークにかけて花が楽しめるという。

海外の外来種対策紹介/徳之島

  ニュージーランド保全管理研究所のアル・グレン博士の講演が17日、天城町の樟南第二高校であった。テーマは「ニュージーランドにおける自然保護の取り組み~侵略的な外来生物の管理」。野生動物生態学者のグレン博士は同国での自然 […]

小林副知事が登庁/女性で県政初

 前厚生労働省参事官で鹿児島県副知事に就任した小林洋子氏(50)が17日、鹿児島市の県庁に初登庁した。歴代22人目で初の女性。「女性の活躍推進や高齢者が安心して暮らせるまちづくり、少子化対策に力を注ぎ、県勢の発展に尽くし […]

ドローン、農業でも活躍

 農業の島、沖永良部島の農地を農業用ドローンが飛んでいる。マゼックス社製の農薬散布機「飛助(とびすけ)」。今年8月、和泊町喜美留の兼業農家、平新一郎さん(46)が導入した。沖縄で操縦士免許を取り、国土交通大臣の「無人航空 […]

屋さん県英語暗唱で最優秀賞/名瀬中

 県内中学校の英語暗唱と英語弁論の大会が9日、鹿児島市の県自治会館であった。英語暗唱大会で、奄美市立名瀬中学校3年の屋舞美さん(15)が奄美群島の学校では初の最優秀賞を受賞。英語弁論大会でも、同校3年の森悠里さん(14) […]

「母間騒動」200周年で式典・シンポ

 薩摩藩政時代に徳之島の住民らが起こした農民一揆「母間騒動」から200年の節目を迎えて、記念式典とシンポジウムが16日、徳之島町の母間小学校体育館であった。専門家の講演やパネルディスカッション、住民らの方言劇を通して歴史 […]

闘牛全島一・軽量級優勝旗争奪戦

 闘牛の徳之島横綱などを決める全島一・軽量級優勝旗争奪戦大会が16日、伊仙町のなくさみ館であった。島内外から闘牛ファンら約2500人が詰め掛け、白熱した取組に会場は沸いた。全島一決定戦は、王者の邁進龍が挑戦者の湾屋川海道 […]

「COPD広く知って」/呼吸器疾患講演、奄美市で

 奄美薬剤師会主催の第9回薬と健康の週間市民講座が15日、奄美市名瀬のホテルであった。講師は鹿児島大学の東元一晃さん。「長生きのための息(呼吸)の話、~ぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺炎から身を守るには」と題し […]