ドクターヘリ12月27日運航

 奄美ドクターヘリ運航調整委員会(委員長・福元俊孝県立病院局事業管理者、委員25人)は14日、奄美市名瀬の県立大島病院救命救急センターで第2回会合を開き、ドクターヘリの運航要領案を決定した。運航開始日は12月27日。前日 […]

与論で離島物価問題懇談会

 県主催の2016年度離島物価問題懇談会が14日、与論町であった。島内の事業者や消費者の代表、町職員ら25人が出席し、島の物価や流通の実情、課題について意見交換。事業者らから輸送費コストに加え、施設維持のための塩害(潮風 […]

奄美各地で七五三詣で

 15日は子どもの健やかな成長を祈る伝統行事「七五三」。奄美各地の神社では、晴れ着に身を包んだ子どもと家族らの姿が見られた。数え年7歳(2010年生まれ)の女児と5歳(12年生まれ)の男児、3歳(14年生まれ)の男児と女 […]

上方が総合8連覇/奄美市民体育祭

 第9回奄美市民体育祭(市、市教育委員会主催)は13日、名瀬運動公園陸上競技場であった。「咲かせよう 一人ひとりの 笑顔と感動!」のスローガンの下、市内8地区の代表選手らが集い36種目に熱戦を繰り広げた。総合は上方が8連 […]

戸森の線刻画でシンポジウム  天城町

  天城町秋利神川上流にある町指定文化財「戸森の線刻画」遺跡の歴史的意義を探るシンポジウム(天城町、同町教育委員会主催)が13日、天城小学校体育館であった。島内外の専門家が講演やパネルディスカッションを通して線刻画の描か […]

「残そう」意識が大事/与論で危機言語サミット

 2016年度「危機的な状況にある言語・方言」サミット奄美大会(文化庁、鹿児島県、与論町など共催)が13日、与論町砂美地来館であった。島内外の言語研究者らが参加。文化の多様性を支える言葉の役割や価値を考え、伝承方策につい […]

食と農林漁業の祭典  徳之島町

  徳之島町食と農林漁業の祭典(町など主催)が13日、同町の亀津新漁港であった。会場には地場産野菜や魚介類の販売、伝統料理の展示などさまざまなブースが並び、サトウキビの重さを当てるクイズ大会やマグロの解体ショー、ステージ […]

クロマグロ餃子を考案/鹿児島女子短期大学

 全国有数の生産量を誇る奄美大島産クロマグロの頭部を使った餃子(ギョーザ)などの発表会が12日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルであった。同ホテルと鹿児島女子短期大学(同市)が連携した「未来への贈り物プロジェクト」の一 […]

水生移入生物調査の中間報告/奄美海洋生物研

  奄美海洋生物研究会(興克樹会長)は2016年度に奄美大島の河川で実施している水生移入生物分布調査・駆除事業の中間報告(10月31日現在)をまとめた。龍郷町で予想を上回る数のジルテラピアを捕獲したほか、奄美市住用町と宇 […]