大奄美の関昇進祝う

 来年の大相撲初場所(1月8日初日・両国国技館)で新十両の大奄美関(24)=本名坂元元規、龍郷町出身、追手風部屋=の昇進祝賀会が24日、同町りゅうゆう館であった。1月場所から所要6場所で関取の座をつかんだホープは「まずは […]

対馬丸慰霊碑の建立着工/宇検村・船越海岸

 宇検村の船越海岸で対馬丸慰霊碑の建立工事が始まっている。碑は対馬丸撃沈事件の犠牲者を悼み、生存者救助、遺体の収容、埋葬作業に尽力した先人たちの温情と苦労をしのぶとともに、戦争の愚かさを後世へ伝える。2017年3月初旬に […]

アッタドコネ収穫

 奄美市名瀬有良地区で24日、特産のアッタドコネ(有良ダイコン)の収穫があった。約100本の「だいばん(大きい)ダイコン」に人々の笑顔がこぼれた。ダイコンを栽培しているのは「あったどこねくらぶ」(豊智恵子会長、17人)の […]

空き家を高齢者集う場に/伊仙町阿三にサロン開所

 一般社団法人「徳之島百寿者創生会」(徳範文理事長)が伊仙町阿三地区の空き家を改修して整備した阿三コミュニティセンターサロンの開所式が23日、同町のほーらい館であった。「100歳まで元気な『百寿者』100人づくり」を目標 […]

キビ運搬走や重量挙げ/与論町、珍種目の競演

 与論町の「ヲゥギー(サトウキビ)ワンダーランド チャンピオンシップ」(同実行委員会主催)が17日、コースタルリゾートサッカー場であった。キビを使った競技イベントで、エキシビションを含め3種目に15人が参戦。珍種目の競演 […]

高齢者見守りで連携/奄美市

 奄美市が民間事業者と締結している「高齢者見守りに関する協定」の初会合が21日、奄美市名瀬の奄美文化センターであった。行政と事業所が事例を報告し合い、高齢者が安心して暮らせる環境に向けて意見を交換した。  

気持ち引き締め紬議会/奄美市

 ○…奄美市議会12月定例会の最終本会議は恒例の「紬議会」。議員や職員は泥染めや亀甲柄など、お気に入りの一着に身を包んで質疑応答。議場はシックで落ち着いた雰囲気に包まれた。  ○…市議会は旧名瀬市時代の1977年、最終本 […]

千代皇関の新入幕祝う/与論町

 「王代仁君はわーちゃが島の誇り」―。来年の大相撲初場所で新入幕が確実な与論町出身の千代皇関(25)=本名・基王代仁、九重部屋=が22日帰郷し、砂美地来館で新入幕歓迎祝賀会が開かれた。出席者の写真撮影や握手攻めにもリラッ […]