インフル名瀬に警報、徳之島も注意報

 インフルエンザが本格的な流行期に入った。名瀬保健所は23日、定点医療機関当たりの患者報告数(34・80人)が基準レベルを超えたとして、管内(奄美大島と喜界島)にインフルエンザ流行発生警報を発令した。徳之島保健所も18・ […]

2年ぶり島外出荷へ/奄美大島産タンカン

 奄美産かんきつのエースに位置づけられているタンカンは2月1日、奄美大島での収穫がスタートする。前期産は果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエの緊急防除に伴い、島内の一部を除いて島外移出が禁じられた。生産者らは2年ぶりの島外出 […]

タンカン、津之輝を柱に/群島かんきつ振興大会

 2016年度奄美群島かんきつ振興大会(奄美群島農政推進協議会など主催)が22日、宇検村の元気が出る館であった。県大島支庁の担当者が果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエ種群の防除対策で報告したほか、かんきつ類の新品種として生 […]

奄美民謡大賞、予選審査始まる/徳之島会場皮切り

 第38回奄美民謡大賞(南海日日新聞社など主催)の予選審査会が22日、徳之島会場を皮切りに始まった。本選への出場を懸けて関東、関西を含め6会場で行われる。予選には、少年、青年、壮年、高年の4部門に計208人がエントリー。 […]

先史時代の謎に迫る/奄美市でシンポジウム

 鹿児島大学重点領域研究シンポジウム「奄美・沖縄諸島先史学の最前線」が22日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。南西諸島の遺跡・遺物調査に長年取り組む国内の専門家6氏が研究報告。奄美に暮らす人々のルーツや文字のない先史 […]

古仁屋クなど4強進出=南海日日旗サッカー

 第35回南海日日旗争奪奄美大島サッカー選手権大会(南海日日新聞社主催)第2日は22日、奄美市名瀬の旧大島工業高校グラウンド、古見方多目的広場で2回戦と準々決勝の計8試合があり、古仁屋クラブ―ヨロン島、奄美高校A―DIV […]

鹿児島Uがサッカー教室奄美大島

   サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFC(KUFC)主催のサッカー教室が21日、奄美市笠利町の太陽が丘総合運動公園陸上競技場であった。奄美大島の幼児―小学生約140人が参加。同クラブの三浦泰年監督(51)や選手ら11人 […]

八月踊り唄の継承を 小川さんが必要性強調

    奄美大島のシマジマ(各集落)に伝わる八月踊りの歴史や特徴などを学び、次世代へ受け継ぐための方策を考えるトークセッションが21日、奄美市名瀬の県立奄美図書館であった。講師の小川学夫・元鹿児島純心女子短期大 […]

研究者ら7人が講演/小湊フワガネク遺跡シンポ

   奄美市名瀬小湊の国史跡「フワガネク遺跡」の学術的重要性と地域資源としての活用のあり方を探るシンポジウムが21日、奄美看護福祉専門学校のサングリーンホールであった。国内外の専門家が研究の成果を発表し、意見を交わした。 […]