180年前のノロ胴衣公開/加計呂麻の叶家代々継承

 瀬戸内町加計呂麻島・芝集落の叶家代々に伝わるノロ祭具や着物などが大切に保管されていることが分かった。奄美市名瀬仲勝町在住の叶純宜さん(73)、房代さん(68)夫妻が17日、南海日日新聞社の取材に応じ、およそ180年前に […]

大賞を共著、出身の勇さん/ヤンマー学生懸賞論文

 次世代の農業・農村を担う学生を対象にした第27回ヤンマー学生懸賞論文・作文の入選発表会と表彰式が1月27日、東京都港区であった。鹿児島県立農業大学校(日置市)畜産学部肉用牛科2年の勇有美さん(20)=瀬戸内町古仁屋出身 […]

与論町多目的運動広場に人工芝サッカー場完成

 与論町の高台に緑濃い広場が出現している。町が整備を進める多目的運動広場のメーン施設人工芝サッカーコートだ。人工芝敷設面積8165平方㍍。ラインも引かれ、開場を待っている。多目的運動広場は総面積3万4千平方㍍。2016年 […]

島一番コンテスト始まる   奄美群島

 奄美群島広域事務組合と奄美群島観光物産協会は13日、喜界島を皮切りに「あまみ島一番コンテスト」をスタートさせた。テーマ、総合の2部門に群島内28業者が60品を出品予定。各島「一押し」の特産品づくりを競う。

与路島石垣修復記念碑を建立

 瀬戸内町・与路島の与路珊瑚石垣保護組合(組合員24人)はこのほど、集落公民館前に「珊瑚石垣修復記念碑」を建立した。事業の完成を祝して集落の繁栄を願い、協力団体・個人への感謝を表した。福島勇組合長(82)は「先人が築いた […]

紬原図コン134点を審査

 第29回本場奄美大島紬原図コンテスト(奄美群島地域産業振興基金協会主催)の作品審査会が16日、奄美市名瀬の本場奄美大島紬会館であった。全国から前年より10点多い17人計134点の応募があり、製造業者や図案師ら7人が審査 […]

文化財連絡協が研修会  大和村

 奄美群島文化財保護対策連絡協議会担当者研修会が16日、大和村防災センターであった。環境省奄美野生生物保護センター上席自然保護官の鈴木祥之さんが「奄美群島国立公園の指定と遺産登録」と題して講話。群島国立公園の特徴や保護規 […]

奄美高吹奏楽部が金賞受賞

 吹奏楽の第42回九州アンサンブルコンテスト(九州吹奏楽連盟など主催)が11、12の両日、福岡県のアルモニーサンク北九州ソレイユホールであった。高校の部で、県立奄美高校吹奏楽部(河野恵一郎顧問、部員16人)の木管三重奏が […]

大島学区は0・68倍/公立高入試出願状況

 県教育委員会は15日、2017年度公立高校入学検査の出願者数を発表した。定員1万1448人に対する出願者数は1万607人。倍率は0・93倍で11年度から7年連続で定員割れとなった。大島学区は0・68倍と前年度より0・0 […]

瀬戸内町と鹿大病院が包括連携協定

 瀬戸内町と鹿児島大学病院(鹿児島市)は15日、医療、福祉の分野で人材育成や産業振興、町民の健康増進を図る包括連携協定を締結した。同病院がこうした協定を自治体と結ぶのは初めて。鎌田愛人町長は「離島医療の環境向上を先取りし […]