奄美市でプロバスケ公式戦

 鹿児島を本拠地とするプロバスケットボールチーム・鹿児島レブナイズの公式戦が11日、準ホーム地・奄美市の名瀬総合体育館であり、バスケットボールファンが迫力のプレーに見入った。レブナイズは茨城ロボッツに62―87で敗れた。 […]

産廃建設阻止へ気勢 ごみ弁連が緊急集会 

 奄美市名瀬崎原集落の田雲川上流への産業廃棄物処分場建設計画に反対する「ごみ弁連緊急集会」が11日、奄美市名瀬末広町のAiAiひろばであった。名瀬在住崎原郷友会や古見方地区住民、奄美市の議員、弁護士ら約120人が参加。ご […]

ニホンミツバチで意見交流/奄美市

 奄美大島に生息するニホンミツバチに関する意見交流会が9日、奄美市名瀬のAiAiひろばで開かれた。島内の養蜂家など約40人が参加。奄美大島で固有の生態を持つミツバチの保全と利用について考えた。交流会は中央大学・東京大学合 […]

喜界島でサンゴフェス

 サンゴ礁の生態系や人々の暮らしとの関わりについて理解を深める「喜界島サンゴフェス」(環境省、鹿児島県、喜界島サンゴ礁科学研究所など主催)が11日、喜界町役場コミュニティーホールであった。サンゴ礁生態系に詳しい有識者が、 […]

黒糖焼酎16点が優等/県本格焼酎鑑評会

 【2016酒造年度の県本格焼酎鑑評会表彰式が10日、鹿児島市のホテルであった。品質が優等と評価された170点の銘柄、製造場、製造責任者(杜氏)を発表し、奄美黒糖焼酎は前年度と同じ16点が選ばれた。

タンカン出荷、共に喜ぶ

 一般社団法人全国農協観光協会(本所・東京都)とNPO法人「奄美島おこしプロジェクト」(伊波興一郎理事長)が共催する奄美大島援農ツアーの参加者が10日、大和村福元盆地のタンカン園を訪れた。果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエ […]

世界遺産登録に重点配分/県17年度当初予算

 県は10日、2017年度当初予算案を発表した。奄美関係では、予算を重点配分する目玉事業に18年夏の実現を目指す奄美大島と徳之島の世界自然遺産登録関連2事業が新たに盛り込まれたほか、奄美群島を含む県内離島の部活動生徒(中 […]

作品一般公開始まる/紬産地まつり

 第34回本場奄美大島紬産地まつり(同実行委員会主催)のメインイベントとなる審査作品一般公開が10日、奄美市名瀬の本場奄美大島紬会館で始まった。表彰式もあり、2017本場奄美大島紬グランプリ最優秀賞(県知事賞)の興紬商店 […]

沖永良部の生産者らJACに/えらぶゆりを贈呈

 沖永良部島のユリ生産者が9日、霧島市の日本エアコミューター(JAC)を訪れ、特産の「えらぶゆり」を客室乗務員に贈った。「えらぶゆりブランド産地推進協議会」(伊地知進一会長)が展開する販促キャンペーンの第一弾。JACの沖 […]

野生生物保護対策協、徳之島地区で会合

 奄美群島希少野生生物保護対策協議会(会長・長田啓県自然保護課長)の徳之島地区の会合が9日、徳之島町の県大島支庁徳之島事務所であった。国の特別天然記念物アマミノクロウサギによるサトウキビなど農作物の食害について、島内で実 […]