与論島でクリーン大作戦

 「クリーン大作戦〝夏〟」と銘打った清掃活動が18日、与論町の各海岸で実施された。子ども会を中心に多くの参加者がごみ拾いに汗を流し、これからのシーズン、観光客でにぎわう与論島の美しい海岸を、よりきれいにした。

面縄小に米、トルコから児童が短期通学

 伊仙町立面縄小学校(帖地博士之校長、児童121人)で12日から、外国の小学校に通う児童2人が短期間通学している。 同校児童と学習や遊びなど交流を楽しみながら、文化の違いなどに理解を深めて相互の成長につなげている。同校の […]

Y―1グランプリ優勝は「さでくまさぶろう」

 余興ナンバーワンを決める「Y―1グランプリ」(MY LIFE STUDIO主催)が18日、奄美市名瀬の集宴会施設であった。奄美大島と徳之島の計13組が自慢の余興を披露し、約500人で埋め尽くされた会場を笑いの渦に巻き込 […]

龍郷町各集落で浜下れ

 奄美大島各地で6月から浜下れ行事が行われている。龍郷町の玉里集落(圓和之区長、597人)は18日、玉里漁港で浜下れをした。多くの住民が参加し、一足早い夏祭り気分を楽しんだ。  

瀬戸内町阿木名まちづくり計画が始動

 瀬戸内町阿木名集落(332世帯633人)の住民有志で構成するまちづくり委員会によるまちづくり事業が本格始動した。集落の歴史、史跡を知る調査や勉強会を実施し、集落マップを作成。地域資源を生かして活性化につなげたい考えで、 […]

徳之島子ども文化祭にぎわう

 徳之島町文化会館主催の第7回徳之島子ども文化祭が18日、同館であった。町内の子どもたちの作品展示や舞台発表があり、家族連れでにぎわった。同館ロビーには子どもたちの絵画や工作などが展示され、来場者は力作の鑑賞を楽しんだ。

日本熱帯生態学会が公開シンポ

 日本熱帯生態学会(米田健会長)の公開シンポジウム「奄美・沖縄のヒトと自然の歴史」が18日、奄美市名瀬の奄美博物館であった。県内外の専門家4人が各分野で研究の成果を発表。会員と一般約130人が来場し、考古学や人類学研究の […]

大和村すももフェスタが盛況

 大和村は特産果樹・スモモの産地振興を図ろうと18日、「まほろば すももフェスタ」を大棚の農林水産物加工施設「大和まほろば館」で開いた。旬を迎えたスモモの果実やジャム、ソフトクリームの販売やスモモ狩り体験があり、村内外か […]

8万4千台超で過去最高/群島内の保有車両数

 国土交通省九州運輸局奄美自動車検査登録事務所がまとめた奄美群島の自動車車両数によると、(2017年3月末現在、群島全体の保有車両(普通車、軽自動車、小型二輪車)の合計は8万4064台(前年比0.4%増)で過去最高。市町 […]