「武洲丸」の犠牲者慰霊/徳之島町

 太平洋戦争中に米軍潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没した疎開船「武洲丸」の犠牲者を慰霊する「平和の夕べ」が25日、徳之島町亀徳のなごみの岬公園の慰霊碑前であった。武洲丸と平和を考える会(幸多勝弘会長)主催。島内の遺族や有志ら […]

アラセツ前に「ツカリ」 龍郷町

 旧暦8月最初の丙(ひのえ)に当たる26日はアラセツ(新節)の祭り日。龍郷町秋名・幾里では、「秋名アラセツ行事(ショチョガマ、平瀬マンカイ)」=国指定重要無形民俗文化財=がある。アラセツの前日は「ツカリ」といわれ、25日 […]

豊年祭・敬老会にぎやかに 瀬戸内町請島

 瀬戸内町請島の請阿室集落(大里正治区長、29戸42人)で24日、第100回豊年祭・敬老会があった。節目となる今回は島外在住の出身者や2世、3世も多数参加。今春3年ぶりに休校から復活した池地小学校の児童や教諭も駆けつけ、 […]

八月踊りシーズン到来/奄美大島

 旧暦8月は奄美の風物詩・八月踊りのシーズン。奄美市名瀬の市街地でも郷友会の八月踊りが連日行われている。同市名瀬のAiAiひろばでは22日、有良郷友会(有村文応会長)が踊りの輪をつくった。午後7時ごろ、「あらしゃげ」を皮 […]

海の酸性化が悪影響と論文/喜界島などハマサンゴに

 東京大学や国内の海洋、気象に関する研究団体などで組織する合同チームはこのほど、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度上昇に伴う海洋の酸性化進行で、喜界島の沿岸部などに生息するハマサンゴの骨格形成に悪影響が生じ始めている可能性 […]

運動会・体育大会、群島小中学校で

 奄美群島内の小、中学校や小中併設校は24日、各校のグラウンドで運動会や体育大会を開催した。児童生徒や応援の保護者、校区住民が一緒になってトラックやフィールドで爽やかな汗を流し、「スポーツの秋」を楽しんだ。  

大島紬で「くまモン」/奄美市・原絹織物

 奄美市名瀬の原絹織物(原正仁社長)はこのほど、大島紬で熊本県の人気キャラクター「くまモン」のぬいぐるみを作った。「大島紬を知ってほしい」と同県に掛け合い、利用許可を得て制作した。    

珍種貝の産卵確認  奄美海洋展示館

 奄美市名瀬の奄美海洋展示館(大浜海浜公園内)でこのほど、展示中の珍種の貝「エンマノホネガイ」の産卵が確認された。研究者の間でも詳しい生態が分かっていない種だけに、関係者は「生態解明や生息地の特定につながる」と期待を寄せ […]