篠川小中に雪だるま届く

 瀬戸内町の篠川小中学校(牛野良司校長、児童生徒17人)に21日、雪だるまのプレゼントが届いた。奄美の子どもたちは雪を見る機会がほとんどなく、うれしい贈り物となった。 贈り主は北海道在住の永竜哉さん(瀬戸内町久慈出身)。 […]

トン当たり2万1753円 17年産キビ生産者価格

 政府支払いの甘味資源作物交付金と、国際相場を反映する原料代で構成する2017年産(17~18年期)サトウキビの生産者手取り価格が28日、決まった。基準糖度13・7度の価格(トン当たり)は2万1753円で、前期比480円 […]

サンゴ礁保全で奨励賞 海の再生ネットワークよろん

 与論町のNPO法人「海の再生ネットワークよろん」(田畑克夫理事長)は2017年度の日本サンゴ礁学会総会で、サンゴ礁保全奨励賞を受賞した。同島でのモニタリング調査や普及啓発活動など、サンゴ礁の保全に向けた幅広い活動が評価 […]

帰省客らで空港混雑

 年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュが始まった。奄美大島の空の玄関口、奄美空港(奄美市笠利町)は28日、本土からの下り便の到着を待つ出迎え客らで混雑。大きな荷物を抱えた帰省客と、再会を喜び合う姿が見られた。

2017回顧㊥宇検村制100周年祝う

■衆院選 解散に伴う衆院総選挙が10月22日あり、奄美群島を含む鹿児島2区は自民前職の金子万寿夫氏が希望、無所属、共産の新人3候補を退け、3回目の当選を決めた。2区投票率は56・10%で自共一騎打ちだった前回を6・86ポ […]

ひらとみ朝市にぎわう 大和村の年末恒例行事

 大和村の年末恒例行事「ひらとみ朝市」が28日早朝、同村思勝港緑地広場であった。地場産の農水産物や正月用のしめ縄、門松などが販売されたほか、役場職員らがついた餅入りのぜんざいや魚汁などが振る舞われ、村内外から訪れた家族連 […]

2017回顧㊤奄美に追い風吹いた1年

 2017年の奄美は「追い風」を感じる1年になった。3月は奄美群島国立公園が誕生。10月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)が奄美大島、徳之島を視察し、奄美・琉球の世界自然遺産登録 […]

ドラマ「西郷どん」関係者にメッセージ/龍郷町

 NHK大河ドラマ「西郷どん」放映を来年1月に控え、龍郷町の小中学生約350人がスタッフや出演者にメッセージを寄せた。町側が作った西郷隆盛ゆかりの地をPRする年賀はがきを活用。児童生徒代表が27日、竹田泰典町長を訪ねて手 […]

奄美在住 新成人は645人

 【鹿児島総局】県教育委員会は2018年の成人式の参加対象者(17年10月1日現在、県内在住者)と日程をまとめた。新成人は前年より190人少ない1万3786人(男性6620人、女性7166人)で統計を取り始めた1989年 […]

住民有志が復帰語る集い/沖永良部島

 【沖永良部総局】沖永良部島の復帰運動を語る集いが26日夜、和泊町国頭の西村書斎であった。来年12月25日の奄美の日本復帰65周年に向け、同島での復帰運動の歴史を若い世代に引き継ぐ取り組みを模索しようと、元鹿児島県立短期 […]