「入れない、捨てない、広げない」/県外来種対策基本方針案

県の外来種番付表に掲載されたノネコとアメリカハマグルマ

県の外来種番付表に掲載されたノネコとアメリカハマグルマ

   県は30日、外来種対策基本方針案を発表した。鹿児島の豊かな生物多様性を守るため関係者が連携を強化し、県民には「入れない、捨てない、広げない」の被害予防3原則を守るよう定めた。県自然保護課は「奄美が世界自然遺産登録を目指す上でも外来種対策は不可欠。予防と防除を柱に取り組みを進め、県民の共通認識を深めたい」としている。アメリカハマグルマ141019瀬戸内町の高知山展望台駐車場