アカショウビン子育て 喜界町・築さん撮影

巣穴に餌を運ぶアカショウビン(上)と子育てに励むつがい=25日午前8時ごろ、喜界町(築秀夫さん撮影)

巣穴に餌を運ぶアカショウビン(上)と子育てに励むつがい=25日午前8時ごろ、喜界町(築秀夫さん撮影)

    喜界町中里の会社員築秀夫さん(52)が25日、アカショウビンが子育てに励む様子を撮影した。親鳥がトカゲや昆虫などの餌を頻繁に運ぶ姿が見られ、愛情たっぷりにひなを育てているようだ。

 

 アカショウビンは東南アジアなどから全国に夏鳥として渡来し、奄美で繁殖するのは亜種のリュウキュウアカショウビン。営巣したのは、町内の築さんの親戚宅の敷地内で、昨年も同じ枯れ木に巣を作ったという。

 

 築さんは警戒心が強いアカショウビンから姿が見えないように、巣穴から約15㍍離れた場所にテントを張って撮影に望んだ。野鳥が好きで、これまでも水浴びする様子などをカメラに収めてきたという。「早朝にキョロロローと鳴く声が心地良い。無事に巣立ってほしい」

★喜界でアカショウビン子育て②と話した。