アマミスミレ咲く

アマミスミレ②トリミングなし 奄美大島で同島固有のアマミスミレがひっそりと咲いている=写真。白く、中央に緑色を帯びた直径1㌢ほどの花が風に揺れて、かれんに初夏の森を彩っている。
 渓流沿いのこけむした岩場に生える。開発や盗掘などで自生地が激減した。環境省のレッドリストで、ごく近い将来絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されている。