アマミトゲネズミのiPSで卵子精子作製/宮崎大学

アマミトゲネズミ(宮崎市フェニックス自然動物園提供)

アマミトゲネズミ(宮崎市フェニックス自然動物園提供)

 国の天然記念物で絶滅危惧種のアマミトゲネズミの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を基に、卵子と精子を作ることに成功したと、宮崎大学の本多新博士(発生生物学)らの研究チームが12日付の米科学誌電子版に発表した。絶滅危惧種のiPS細胞から卵子や精子を作製したのは世界初という。種の絶滅に備えて、iPS細胞を活用できる可能性があるという。