クジラ頻繁に目撃 沖永良部

尾びれを海面に出す2頭のザトウクジラ=22日、知名町知名の沖合い(前利潔さん撮影)

尾びれを海面に出す2頭のザトウクジラ=22日、知名町知名の沖合(前利潔さん撮影)

 1月に入り、沖永良部島沖合を回遊するクジラが島内で頻繁に観察されている。22日は知名町中央公民館の前利潔館長が、同公民館の窓から見渡せる海面で2頭のザトウクジラを見つけ、撮影に成功した。

 同日は午前9時過ぎから30分ほど姿を見せた。陸から200~300㍍ほど沖合で、2頭はしばらく背中や尾びれを海面に出したり、潮吹きをしたりしたという。

 同中央公民館の沖合いは主に1~2月にかけてクジラの目撃例が増える。近くには「クジラが見える学校」として知られる知名小学校やホテルなどがあり、児童や観光客もクジラを見ることがある。

 ザトウクジラは冬場、繁殖や子育てのため奄美や沖縄海域に現れるとされる。前利さんは「22日は陸から比較的近い位置で見えたのでカメラを構えた。今年は気付いただけで少なくとも3回は公民館沖に現れた。また見られるかもね」と話していた。

  (沖永良部総局)