サシバ、奄美で越冬

早春の野山で舞うサシバ=奄美大島

早春の野山で舞うサシバ=奄美大島

 旅鳥のサシバが奄美大島で冬を越している。冷たい北風が吹き抜ける中、「ピックイー」と甲高い鳴き声を響かせながら早春の野山上空を優雅に舞い、華麗な低空飛行で餌をとらえては栄養と体力をつけ、北上の旅に備えている。タカ科の仲間で全長約50㌢。環境省のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に分類される。