シマアカモズ 沖永良部島に飛来

シマアカモズ飛来150323★沖 ○…奄美では冬鳥、旅鳥の亜種シマアカモズが沖永良部島に飛来している。23日、知名町中央公民館の前利潔さん(55)が同町のメントマリ公園で雌の撮影に初めて成功した=写真。「見たことのない鳥がいると思い、カメラを向けた。くちばしの形状が特徴的だった」と話した。「奄美の野鳥図鑑」(NPO法人奄美野鳥の会編)によると、シマアカモズは全長18~20㌢。雄成鳥は頭頂が灰色で、上面は灰褐色。体一面は一様な淡橙褐色。雌、幼鳥には脇に波上の横斑がある。(沖永良部総局)