ネコ問題で出前講座/龍郷町玉里、住民40人

出前講座で講話する鳥飼さん(左)=5月31日、龍郷町

出前講座で講話する鳥飼さん(左)=5月31日、龍郷町

 猫の適正飼養について啓発活動を行っている奄美ネコ問題ネットワーク(ACN)は5月31日夜、龍郷町の玉里コミュニティーセンターで出前講座を開いた。地域住民ら約40人が聴講。ACNメンバーで奄美野鳥の会会長の鳥飼久裕さん(56)を講師に奄美大島の森の生き物の特徴と生態系などを学び、捨てられて野性化した猫(ノネコ)が引き起こす問題について考えた。