リュウキュウスズカケ晩秋の森彩る 奄美大島

リュウキュウスズカケ縦DSC_0056 奄美大島でリュウキュウスズカケが咲いている=写真。ゴマノハグサ科の多年草。白く、淡い紫色を帯びた小さな花が穂状につき、晩秋の森を彩っている。

 

 環境省のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類。奄美大島(北限)、喜界島、沖縄島に分布。開発などで消失して一時絶滅種に指定されたが、調査で奄美大島に自生地が残ることが分かった。