加計呂麻ワニ、静岡大へ

加計呂麻島で捕獲され、静岡大に引き取られたワニ(提供写真)

加計呂麻島で捕獲され、静岡大に引き取られたワニ(提供写真)

 瀬戸内町加計呂麻島で10月31日と11月3日、2匹の小型のワニが相次いで見つかった問題で、瀬相で捕獲されたワニは8日までに、静岡大学教育学部に送られていたことが分かった。同大が研究目的で引き取りを希望した。名瀬保健所によると、同大と島外の企業、個人計5件から引き取りを希望する連絡があった。同保健所や環境省など関係機関で話し合い、「安全に飼育できる施設と知識があり、最も適している」として同大を選んだ。