奄美大島の山中でウケユリ盗掘

ウケユリの球根を抜き取られ、切断された茎が放置された盗掘跡=12日、奄美大島の山中

ウケユリの球根を抜き取られ、切断された茎が放置された盗掘跡=12日、奄美大島の山中

 奄美群島国立公園に指定された奄美大島の山中で12日、絶滅の恐れがあるウケユリが2株盗掘されたことが分かった。現地は現状維持を原則とし、植物も全て採取が禁じられている特別保護地区内で、ウケユリは奄美固有の希少種。保護関係者らは「奄美の宝を狙った許せない行為」などと憤慨し、地元市町村は「監視の強化で自動カメラの設置も検討したい」としている。