奄美大島沿岸、サンゴの産卵始まる

夜の海を幻想的な雰囲気に包むサンゴの産卵=27日、奄美市の大浜海岸沖で興克樹さん撮影

夜の海を幻想的な雰囲気に包むサンゴの産卵=27日、奄美市の大浜海岸沖で興克樹さん撮影

 奄美大島沿岸でサンゴの産卵が始まった。精子と卵の入った淡いピンク色のカプセル(直径約0・5㍉)が無数に放出され、夜の海を幻想的な雰囲気に包んでいる。カプセルから誕生した幼生はゆっくりと浮遊しながら数週間をかけて海底にたどり着き、サンゴとして成長する。産卵は8月ごろまで続く。