奄美海域の出現数、前期上回る/ザトウクジラ

奄美大島近海で冬場に見られるザトウクジラ=奄美市住用町沖合、13日(提供写真)

奄美大島近海で冬場に見られるザトウクジラ=奄美市住用町沖合、13日(提供写真)

 冬場に奄美大島周辺海域に来遊するザトウクジラの出現数は12月20日から1月22日までに60頭に達し、昨年同時期の36頭を大きく上回った。奄美クジラ・イルカ協会の興克樹会長(45)は「世界的な生息数の回復で今後も冬場の観光資源として期待できる」とし、「奄美周辺で生まれたクジラが毎年やってきている。地元の人もぜひ関心を持って、温かく見守ってほしい」と語った。