奄美野鳥の会が元旦恒例の探鳥会

元旦恒例の探鳥会を楽しむ参加者ら=1日、奄美市笠利町の大瀬海岸

元旦恒例の探鳥会を楽しむ参加者ら=1日、奄美市笠利町の大瀬海岸

 NPO法人奄美野鳥の会(鳥飼久裕会長)の初日の出探鳥会が1日、奄美市笠利町の大瀬海岸であった。愛鳥家や家族連れなど25人が参加。あいにくの曇り空で初日の出は拝めなかったものの、水辺で羽を休める渡り鳥などの観察を楽しんだ。

 

 探鳥会は元旦の恒例行事。午前7時に観察をスタート。日の出時刻の7時12分すぎから、喜界島上空の厚い雲の切れ間が次第に明るくなった。参加者らは朝焼けに染まった干潟で餌を探し飛び交う野鳥たちの姿を見つけて喜んでいた。この日はカモやシギ、チドリなど18種を確認した。

 

 高美喜男副会長は「去年創立30周年を迎えた。まだまだ活動は浸透していない。世界自然遺産を追い風に、奄美の鳥に興味を持ってもらえるように、活動を広げていきたい」と話した。