宇検村に新たな自生地=準絶滅危惧種「ワニグチモダマ」

ワニグチモダマの花(山下弘さん撮影)

ワニグチモダマの花(山下弘さん撮影)

 宇検村の海岸に、絶滅の恐れがあるマメ科の植物「ワニグチモダマ」が自生していることが分かった。ワニグチモダマは奄美大島が北限。島内ではこれまで奄美市名瀬の朝仁海岸が唯一の自生地とされており、確認は2カ所目。保護関係者は「希少な植物。地元で守ろうという機運を高めてほしい」と呼び掛けている。