宇検村の〝梅次郎桜〟が満開

満開を迎えた梅次郎桜=13日、宇検村の山中(役場提供)

満開を迎えた梅次郎桜=13日、宇検村の山中(役場提供)

 奄美では珍しいツクシヤマザクラが宇検村の山中で満開を迎えた。村関係者は「あっという間に散ってしまうので今度の日曜日あたりまでが見頃」と話す。

 

 同村では梅次郎桜の名で親しまれている。村教育委員会によると、樹齢は100年を超え、梅次郎の名は明治時代に現地で茶畑、茶屋を営んだ西山梅次郎さんに由来する。

 

 場所は同村芦検集落から大和村今里に向かう道路から分岐した林道沿い。徒歩で100メートルほど坂道を下った地点にある。桜までの坂道はぬかるんでいる場合があるため訪れる際は注意が必要。