希少種被害、早急な対策を

首付近から出血したアマミノクロウサギ=27日午後8時25分ごろ、宇検村の林道(環境省奄美野生生物保護センター提供)

首付近から出血したアマミノクロウサギ=27日午後8時25分ごろ、宇検村の林道(環境省奄美野生生物保護センター提供)

 宇検村の林道で27日夜、負傷した国の特別天然記念物アマミノクロウサギが見つかった。アマミヤマシギの調査をしていた環境省奄美野生生物保護センター職員が発見した。傷の状況などから猫に襲われたとみられる。奄美大島と徳之島では野生化した猫(ノネコ)による希少種の食害が問題化しており、関係者は「人の目の着かないところで潜在的に増えている可能性がある。私たちが思っている以上に深刻だ」として早急な対策を訴えている。