年内にもノネコ譲渡体制構築

環境省が保護増殖事業10カ年実施計画を定めたアマミノクロウサギ

環境省が保護増殖事業10カ年実施計画を定めたアマミノクロウサギ

 奄美大島と徳之島に生息するアマミノクロウサギなど国内希少種3種について、環境省は保護増殖事業10カ年実施計画を策定し、2024年3月までに同省のレッドリスト分類カテゴリーで危険度を引き下げる目標を掲げた。計画では15年中にも、遺棄されて野生化してクロウサギなどを捕食している猫(ノネコ)の譲渡体制を整え、16年度までに希少種の傷病個体救護体制を構築する。