日本ウミガメ会議、奄美からも報告

日本ウミガメ会議で奄美大島の現状を発表する興さん=11月29日、千葉県一宮町(提供写真)

日本ウミガメ会議で奄美大島の現状を発表する興さん=11月29日、千葉県一宮町(提供写真)

 第26回日本ウミガメ会議(NPO法人日本ウミガメ協議会など主催)が11月27日から29日までの3日間、千葉県一宮町で開かれた。全国の研究者や自然保護関係者ら約200人が集まり、各地の現状を報告した。奄美関係では奄美海洋生物研究会の興克樹会長が奄美大島での上陸・産卵状況や衛星追跡調査の成果を発表した。