春休みにシシ登校? 宇検村の阿室小中学校

あだん横丁 春休みにシシ登校210403西谷 春休み中の3月31日、宇検村の阿室小中学校に1頭のイノシシが姿を現した=写真。体長60㌢ほどのリュウキュウイノシシとみられる。新学期の準備に追われる教職員たちは、シシのひと足早い〝登校〟に「年度末のあいさつに来たのかな」と笑った。

 

 宇検村西端にある同校は、三方を山に囲まれ、海や川も近い自然豊かな環境。シシは午後3時前に正門をくぐり、校庭脇をかぎ回った後、裏門から去っていった。人を威嚇する様子はなく、集落からは「イノシシがいるよ」と子どもの声が聞こえてきた。

 

 「鳥やカニ、ヤドカリなど校庭に現れる生き物はさまざま」と中村正治校長。同校は4月から県指定研究協力校として、実践的な環境教育に取り組む。すでに自然を身近に感じながら学校生活を送っている児童生徒たち。学習素材に困ることはなさそうだ。