来年度、コース選定に着手/奄美世界自然遺産トレイル

奄美大島の林道で楽しめる自然景観

奄美大島の林道で楽しめる自然景観

 「奄美・琉球」の世界自然遺産登録を視野に、奄美群島の自然や集落を歩く「奄美世界自然遺産トレイル(仮称)」構想を打ち出した県は2016年度、奄美大島、徳之島、沖永良部島の3島4地域でコース選定に着手する。計画では17年度の部分開通、20年度の群島全線開通を目指す。県自然保護課は「歩くことで奄美固有の自然や文化、人との触れ合いを推進して地域の元気と奄美ファンを創出し、遺産登録効果を全島へ波及させたい」としている。