森の闇に幻想的な光/シイノトモシビダケ―龍郷町

シイノトモシビダケ横15062 ○…スダジイなどが生い茂る龍郷町の「奄美自然観察の森」で、光るキノコの一つ、シイノトモシビダケが顔をのぞかせている。朽ちたシイの木に生え、ほのかな緑色の光を放って夜の森を彩っている=写真。

 ○…全長2~3㌢、かさも2㌢程度。ホタルと同じ原理で、ルシフェリンという物質が夜に発光する。梅雨期が見頃。川畑力観察指導員は「ハブも出る時期。足元などに十分注意した後、幻想的な光を楽しんでほしい」と話している。