自然観察の森にアマミイシカワガエル

「日本一美しい」といわれるアマミイシカワガエル=6日、龍郷町の奄美自然観察の森

「日本一美しい」といわれるアマミイシカワガエル=6日、龍郷町の奄美自然観察の森

 龍郷町の奄美自然観察の森で、奄美大島だけに生息するアマミイシカワガエルが姿を見せている。背中の黄金色の斑紋が鮮やかで、「日本で最も美しいカエル」といわれる。体長約10センチ。渓流沿いで繁殖する。沖縄のイシカワガエルと同種とされていたが、2011年に別種と確認された。