魚類調査で海水採取 沖永良部島

魚類調査のサンプルを作るため海水をろ過する参加者=4日、知名町大津勘

魚類調査のサンプルを作るため海水をろ過する参加者=4日、知名町大津勘

 知名町大津勘の海岸で4日、魚類調査を目的とした海水採取とサンプル作りが行われた。海水に含まれる生物由来DNA(環境DNA)を抽出、分析して海水を採取した地域の生物を調べる。和泊、知名両町の地域住民18人が参加し、専用の道具で海水をろ過して分析用サンプルを作った。

 

 NPO法人アースウォッチ・ジャパン(東京都)の「環境DNAを用いた魚類調査プロジェクト」(主任研究者・近藤倫生東北大学大学院生命科学研究科教授)の一環。10月中に北海道や沖縄県など全国40カ所でサンプルを採取した後、データを解析し、来年1月末をめどに調査結果をまとめて公開する予定。沖永良部島でのサンプル作りは酔庵塾(石田秀輝塾長)が実施した。

 

 サンプルは、海水採取1回当たり200ミリリットルをろ過する作業を5回繰り返して作る。4日は2個のサンプルを完成させた。

 

 参加した大城小5年の朝戸尊人君(10)=和泊町=は「海水を分析して、そこにいる生物が分かると聞いてびっくりした。大好きな島の海にどんな生物がいるのか、調査結果が楽しみ」と話していた。