こども世界自然遺産博士に14人 瀬戸内町

 瀬戸内町教育委員会主催の2018年度こども世界自然遺産博士講座認定式・閉講式は16日、同町立図書館・郷土館であった。小、中学生14人全員が試験に合格して「こども世界自然遺産博士」の認定を受け、奄美の自然を大切にする気持 […]

写真家の勝廣光さん、クロウサギ写真集発刊

 奄美自然環境研究会副会長で写真家の勝廣光さん(71)=奄美市笠利町=が手掛けた「写真でつづるアマミノクロウサギの暮らしぶり」が発刊された。集団での子育てやマーキング行動、鳴き声でコミュニケーションを取る様子など、初めて […]

世界自然遺産セミナー 徳之島

 世界自然遺産セミナーin徳之島(県主催)が10日、天城町防災センターであった。専門家や中学生らが講話や講演、研究発表を行い、奄美・沖縄4島の世界自然遺産登録に向けて自然環境保全の必要性を提言。来場者は徳之島の自然の豊か […]

クジラのポストカード制作 徳之島町の写真スタジオ

  徳之島町の写真スタジオ「スタジオカガワ」は1月28日、徳之島近海で撮影したザトウクジラのポストカードの販売を開始した。制作した同スタジオの加川トオルさん(60)は「ポストカードを通じて、徳之島の近くでもクジラが見られ […]

18年度捕獲、1匹のみに  奄美大島のマングース

  奄美大島のマングース防除事業検討会(座長・石井信夫東京女子大学教授)の会合が1月31日、奄美市名瀬であった。防除が進んで同島のマングースの残存個体数は減少し、2018年度の捕獲数は12月末現在で1匹のみと、過去最少だ […]