宇検村田検の梅次郎桜見ごろ

 宇検村田検集落の山中にあるツクシヤマザクラが見ごろを迎えている。枝を大きく広げた大木に白い清楚な花が満開となり、22日も村内外から花見客が訪れていた=写真。梅次郎桜は昔、峠で茶屋を開いていた同集落の西山梅次郎さんが植え […]

ヨコタカラタチゴケ/柏谷氏が徳之島で調査

  徳之島で見つかった新種の地衣(ちい)類「ヨコタカラタチゴケ」の現地調査が17日、同島で行われた。環境省のレッドリスト見直し調査の一環。国立科学博物館名誉研究員の柏谷博之氏(73)が発見地で同種の生息状況などを確認した […]

探索犬の訓練公開  環境省

 環境省が奄美大島のマングース防除事業で導入した探索犬の訓練が12日、大和村の同省奄美野生生物保護センターで一般公開された。マングースの痕跡を探す様子などが公開され、来場者は生態系保全で外来種対策の重要性を認識した。

ペットは社会の一員/適正飼養、水越氏が解説

 犬や猫の適正飼養について理解を深めるセミナー(鹿児島県保健福祉部主催)が4日、奄美市名瀬の奄美博物館であった。日本獣医生命科学大学獣医学部の水越美奈准教授が「飼い猫・犬との暮らしを楽しむ方法」と題し、室内飼育と屋外飼育 […]

徳之島で新種の地衣類「ヨコタカラタチゴケ」発見

 徳之島の海岸部で、「地衣類」と呼ばれる菌類の新種が見つかった。同島で植物相の調査をしていた琉球大学理学部の横田昌嗣教授が発見し、国立科学博物館の柏谷博之名誉研究員(植物分類学)が新種と確認。「ヨコタカラタチゴケ」と命名 […]

希少植物、現地で観察/徳之島自然保護協が研修会

 徳之島地区自然保護協議会(松村博光会長)は27日、島内の希少な植物の生息状況に関する研修会を開いた。3町の自然保護推進員と行政担当者ら10人余が参加し、各地を巡って同島の固有種や絶滅危惧種を観察。同行した専門家が種ごと […]

ノネコのクロウサギ捕食撮影/徳之島

 環境省那覇自然環境事務所は1日、徳之島の山中で、国の特別天然記念物アマミノクロウサギを猫が捕食している場面を同島で初めて撮影したと発表した。同省徳之島自然保護官事務所が設置した自動撮影カメラが捉えた。世界自然遺産候補地 […]

来遊最盛期迎える/ザトウクジラ

 奄美大島周辺海域へのザトウクジラの回遊がピークを迎え、奄美市名瀬小湊の沖に27日午前、三つの群れ合わせて7頭が出現した。体長10㍍を超える巨体をひねりながらジャンプし、背中から落ちて豪快に水しぶきを上げるなど周辺を元気 […]