産卵巣の保護を紹介 ウミガメミーティング

 奄美海洋生物研究会(興克樹会長)主催のウミガメミーティングが24日夜、龍郷町安木屋場の渡連キャンプ場であり、奄美大島に上陸し産卵しているウミガメの状況などについて報告があった。興会長は大和村で今月、リュウキュウイノシシ […]

山中に昆虫捕獲用の違反わな/奄美大島

   奄美群島国立公園に指定された奄美大島の山中で23日までに、昆虫を捕獲するための複数のトラップが見つかった。現地は自然公園法で工作物の設置が規制されている第1種、2種特別地域内。奄美・沖縄の世界自然遺産登録を視野に、 […]

世界遺産登録へパトロール強化=徳之島自然保護協

 徳之島地区自然保護協議会(松村博光会長)は20日、天城町役場で総会を開き、2017年度の事業計画などを決めた。希少動植物の保護を目的に車両の通行を禁じている徳之島中部の剥岳(はげだけ)林道で今春、不審車両が複数回侵入し […]

夜の海に幻想の彩り/徳之島でサンゴ産卵

 徳之島でサンゴが産卵シーズンを迎えた。徳之島町の母間海岸のリーフ内で15日夜、枝状のミドリイシ属のサンゴが卵と精子の入った直径0・5㍉ほどのカプセルを一斉に放出し、漆黒の海を幻想的に彩った。

サンゴ産卵、始まる/奄美大島

 奄美大島沿岸でサンゴの産卵が始まった。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色のカプセルが無数に漂い、夜の海を神秘的な雰囲気に包んでいる。カプセルから生まれた幼生は浮遊しながら数週間をかけて海底にたどり着き、サン […]

奄美大島の山中でウケユリ盗掘

 奄美群島国立公園に指定された奄美大島の山中で12日、絶滅の恐れがあるウケユリが2株盗掘されたことが分かった。現地は現状維持を原則とし、植物も全て採取が禁じられている特別保護地区内で、ウケユリは奄美固有の希少種。保護関係 […]

あやまる牧場オープン/奄美市笠利町

 奄美市笠利町須野に10日、障がい者らを対象に馬を利用したホースセラピーも展開する福祉と観光の体験型施設「あやまる牧場」(松嶋修三施設長)がオープンした。松島施設長は「障がい者だけでなく健常者の癒やしとしても活用し、地域 […]

シャコガイ捕獲でサンゴ破壊か=龍郷の湾内

 龍郷町芦徳の湾内で、サンゴが複数箇所で破損しているのを地元のガイド業の男性が見つけた。サンゴの隙間に入り込んだシャコガイを捕獲するためとみられ、男性は「地域でサンゴ保護の取り組みが進む中、残念でしようがない」と話した。

瀬戸内町請島 ウケユリ見ごろ

 瀬戸内町請島の大山で、ウケユリが咲いている=写真。奄美大島周辺離島と徳之島で山地の岩場や渓流沿いの崖に生える。カサブランカの交配に使われたといわれる。多産地とされた請島にちなんで名付けられた。梅雨の晴れ間、純白の大輪が […]

与論沖で国内初記録の魚=トビイシハナダイ

 与論町茶花沖で採集されたハタ科の魚が国内初記録であることを、鹿児島大学大学院連合農学研究科の田代郷国さん(26)が明らかにした。和名を「トビイシハナダイ」と付け5月25日、学術論文を発表した。これまでグアム以南に生息し […]