アカショウビン子育て 喜界町・築さん撮影

    喜界町中里の会社員築秀夫さん(52)が25日、アカショウビンが子育てに励む様子を撮影した。親鳥がトカゲや昆虫などの餌を頻繁に運ぶ姿が見られ、愛情たっぷりにひなを育てているようだ。    アカショウビンは […]

1万7千匹、減少傾向続く リュウキュウアユ

 奄美リュウキュウアユ保全研究会(会長・四宮明彦元鹿児島大学教授)は24、25日の両日、奄美大島だけに天然の個体が残るリュウキュウアユの調査を行った。島内の主要4河川で確認した個体数は1万6921匹で、調査を開始した20 […]

アコウの実鈴なり 奄美市名瀬朝戸

 奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。    アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根を出し、岩や崖に張り付 […]

医院の庭でメジロ子育て 奄美市名瀬

 奄美市名瀬のかずや内科の庭木でメジロが子育て真っ最中だ。巣は同院の待合室から窓越しに見える位置にあり、職員や患者の癒やしになっている=写真。    6月25日に職員が巣を見つけた。「1993年の開院以来初めて […]