初冬の林床に森の妖精 ヤッコソウ彩る

  スダジイが生い茂る奄美大島で、ヤッコソウが初冬の林床を彩っている。形が大名行列のやっこさんに似ていることが名前の由来だが、落ち葉の間からピンク色がかった乳白色の姿をのぞかせ、森の妖精のよう。    シイの根 […]

大島海峡でリーフチェック

 地元ダイビング事業者などで組織する瀬戸内町海を守る会(円山正吾会長)は21日、奄美大島南部の大島海峡内で海の健康度を調査するリーフチェックを行った。海底がサンゴで覆われている割合を示すサンゴ被度は、浅場の水深5メートル […]

天城町三京でケナガネズミが輪禍被害

 国の天然記念物ケナガネズミの死骸が17日夜、天城町三京の町道で見つかった。輪禍に遭ったとみられる。環境省徳之島自然保護官事務所は「夜間の走行時は希少動物に注意して運転してほしい」と呼び掛けている。    ケナ […]

夜の森で自然観察 徳之島

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保護の重要性について理解を深めた。 &nb […]

干潟の青い宝石 ミナミコメツキガニ

 奄美市住用町の干潟で、青い甲羅の光沢が鮮やかなミナミコメツキガニが見られる季節を迎えた。潮が引いた砂の中から姿を現し、食事をしながら群れで移動する。カニは横に歩くものが多いが、前に歩くのが特徴。水際で日差しを浴びて輝く […]

鹿児島・沖縄のエコツアーガイドら金作原視察

 2020年の実現を目指す奄美・沖縄の世界自然遺産登録を見据え、エコツアーガイドの交流連携を図る取り組みが12日、鹿児島県で始まった。鹿児島、沖縄両県のエコツアーガイドと、ライターなど関係者24人が参加。15日は奄美大島 […]