大和村で世界遺産推進シンポジウム

 奄美世界自然遺産推進シンポジウム(県大島支庁主催)が23日、大和村防災センターであった。屋久島環境文化財団理事長の小野寺浩氏と環境省自然環境局長の鳥居敏男氏が公開対談を行い、地元関係者を交えたパネルディスカッションでは […]

トイレットペーパーで希少野生動植物保護啓発

 環境省はこのほど、希少野生動植物保護に向けて普及啓発用のトイレットペーパーを作成した。奄美大島と徳之島の全小中学校(103校)に配布し、世界自然遺産の価値を構成する希少な動植物の周知と保全への意識醸成を図る。 &nbs […]

世界遺産学習漫画を作成 奄美大島5市町村

 島内5市町村でつくる奄美大島自然保護協議会はこのほど、世界遺産学習漫画「奄美大島の自然」を作成した。転校生の男の子がアマミノクロウサギに変身し、さまざまな生き物と出合って豊かな自然に理解を深める物語。島内の小中学校に配 […]

人里と森を往来、希少種捕食 森林総研

 森林総合研究所は19日、徳之島の森で捕獲された猫のふんや体毛を分析した結果、普段は人から餌をもらっている猫が、森に侵入して国の特別天然記念物アマミノクロウサギなどの希少種を捕食している実態が明らかになったと発表した。放 […]

林道散策し、自然観察 徳之島FAM

 国内在住の外国人らを招いたツアー「徳之島FAM(ファム)トリップ」が10日、同島であった。地元の認定エコツアーガイドと地域通訳案内士、子どもたちが同行。来夏の世界自然遺産登録を目指す島の豊かな自然に触れながら、交流も深 […]

イソノギク咲く、ホノホシ海岸

 瀬戸内町蘇刈のホノホシ海岸で、イソノギクが咲いている=写真。荒波にもまれた玉石の間に、白く紫色を帯びた花が咲き、潮風に揺れて秋の海辺を彩っている。    琉球列島固有のキク科の多年草。奄美大島が北限。踏み付け […]