IUCN10月8~10日に再調査

 環境省は27日、来年夏の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の現地調査の日程を発表した。10月5~12日 […]

徳之島町母間の農道でクロウサギ4匹死骸発見

 徳之島町母間の農道で26日、国の特別天然記念物アマミノクロウサギ4匹の死骸が見つかった。いずれも腹部からでん部にかけて深いかみ傷があり、犬による食害被害とみられる。環境省徳之島管理官事務所は「犬や猫は野外に放たれると、 […]

アカハラダカ、渡りの季節―奄美大島

 秋の訪れを告げるアカハラダカの渡りが奄美大島でピークを迎えている。26日朝、数十羽の群れが上昇気流に乗って旋回しながら舞い上がる「タカ柱」を形成し、南へ飛び立つ姿が確認された。    アカハラダカは朝鮮半島や […]

国立公園内に違法トラップ 奄美大島

 奄美群島国立公園に指定されている奄美大島の山中でこの夏、昆虫を集めて殺す「捕殺型」トラップが複数見つかっていたことが分かった。環境省によると、現場は自然公園法で全ての動植物の採取が禁止されている特別保護地区。標本目的と […]

与論島北部の洞窟で希少なヌマエビ3種発見

 沖縄県立芸術大学と鹿児島大学、琉球大学の研究チームが、与論島北部の洞窟の地下水域で、希少なヌマエビ類3種を発見したことが分かった。3種は同島で初記録。これまでに沖縄県が分布の北限だったチカヌマエビとクラヤミヌマエビ(仮 […]

環境省と税関が希少種識別研修会 鹿児島空港で

 長崎税関鹿児島税関支所と環境省沖縄奄美自然環境事務所は9日、奄美群島に分布、生息する希少動植物の島外や国外への持ち出しなど密輸防止に向けた研修会を霧島市の鹿児島空港で行った。2020年夏の世界自然遺産登録を目指す奄美・ […]

10月5~12日、IUCN再調査へ

 環境省は6日、来年夏の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島(いりおもてじま)」について、10月5~12日に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の現地調査 […]