【パリ時事】国連教育科学文化機関(ユネスコ)は2日、新型コロナウイルスの影響で延期していた世界遺産委員会について、来年6月の開催を正式決定した。遺産委では、日本政府が世界自然遺産に推薦している「奄美大島、徳之島、沖縄島 […]

秋の野山に満開 サキシマフヨウ

 朝夕日増しに涼しくなり、亜熱帯の島々も秋本番を迎えた。空を見上げると、渡り鳥のサシバが優雅に舞いながら、「ピックイー」と甲高い鳴き声を響かせる。夜の森では、繁殖期のアマミノクロウサギなど、生き物たちがにぎやかに動き出す […]

適正飼養を推進 有屋町で野良猫調査

 奄美ネコ問題ネットワーク(ACN、久野優子代表)は29日、奄美市名瀬有屋町で野良猫の調査を行った。地域住民らが参加し、屋外にいる猫の数や特徴、発見した場所などを記録した。調査の情報を基に、市が繁殖制限を目的に不妊手術を […]

世界遺産の責任と義務学ぶ 武蔵野奄美フォーラム

 奄美の世界自然遺産登録をテーマにした第34回武蔵野奄美フォーラム(叶芳和会長)が25日、東京・小金井商工会館で開催された。元環境省自然環境局長でNPO法人日本国際湿地保全連合会長の星野一昭さんが講師を務め、奄美の世界自 […]

珍魚ヤハズアオハタ水揚げ 奄美近海初か

 奄美市笠利町の奄美漁協に27日、国内でも珍しい中型のハタ類「ヤハズアオハタ」が水揚げされた。体長71センチ、重さ5・3キロ。地元の漁師が笠利沖で釣り上げた。鑑定した鹿児島大学総合研究博物館の本村浩之館長は「とても驚いた […]