固有種アマミアワゴケ盗掘か 奄美大島

 奄美大島の山中で25日までに、絶滅の恐れのあるアマミアワゴケがなくなっていることが分かった。環境省奄美自然保護官事務所によると、複数の剥ぎとられたような跡があり、盗掘された可能性が高い。現地は奄美群島国立公園の特別保護 […]

希少種の盗掘防止へ 奄美大島で夜間パトロール

  環境省は8月、奄美大島の希少種保全夜間パトロール事業を開始した。山中の林道など島内5市町村の複数のルートで夜間にパトロール(巡視)を行い、希少種の盗掘・盗採防止を図り、生息状況の調査や外来種の監視も行う。 &nbsp […]