サラワクイルカ漂着 奄美大島

 奄美市名瀬の根瀬部海岸で11月9日、サラワクイルカの死骸(しがい)が漂着しているのが見つかった。奄美海洋生物研究会の興克樹会長らが11日に現地で外部計測と解剖を行い、海岸に埋めた。    興会長によると、サラ […]

身近な植物の特徴学ぶ 知名町で鹿大が教室

 第3回奄美群島の植物教室(鹿児島大学国際島嶼教育研究センター主催)は8日、沖永良部島の知名町であった。和泊、知名両町から13人が参加。同センター特任教授の鈴木英治さんを講師に、島に自生する植物の名前や特徴を学んだ。 & […]

迷鳥カナダヅル飛来 山下弘さんが撮影 奄美で初か

 龍郷町秋名で6日、国内では珍しい迷鳥のカナダヅルの飛来が確認された。水田で羽を休めているところを写真家の山下弘さん(69)が発見し、撮影した。NPO法人奄美野鳥の会の鳥飼久裕会長は「ツルの飛来地として有名な鹿児島県出水 […]

干潟の渡り鳥探す 野鳥の会創立記念探鳥会

    NPO法人奄美野鳥の会(鳥飼久裕会長)の創立32周年を記念した探鳥会が3日、奄美市笠利町の大瀬海岸であった。野鳥愛好家や友人グループなど約20人が参加。水辺で羽を休める渡り鳥などを観察し、身近な自然の豊かさを体感 […]