休日もパトロール、監視体制強化 奄美大島

  奄美大島で希少な動植物の盗掘・盗採情報が相次いでいることを受け、環境省奄美群島国立公園管理事務所は6日、島内の林道で本年度のパトロール事業を開始した。休日パトロールも実施することで不審者や車両の監視体制を強化し、違法 […]

通行規制をスタート 林道山クビリ線

 【徳之島総局】国や県、徳之島町、民間団体などで構成する徳之島利用適正化連絡会議(事務局・県自然保護課など4者)は1日、同町の林道山クビリ線(総延長本線約15・1㌔、支線約2・2㌔)の出入り口3カ所に設置した門扉を施錠し […]

神秘的 サンゴの産卵 沖永良部島

 沖永良部島南部、知名町の沖泊港沖合で20日夜、同町のダイビングショップ経営、東進一郎さん(48)がサンゴの産卵を撮影した。    東さんによると、過去のデータや周辺の潮の巡りなどから産卵のタイミングを予測する […]

リュウキュウアユ存続危機 奄美大島

 奄美大島に唯一生息する天然のリュウキュウアユの個体数が、2018年春の5万6733匹から19年春は3499匹にまで激減し、調査を開始した06年以降、過去最低だったことが分かった。奄美リュウキュウアユ保全研究会(会長・四 […]

サクララン咲く

 奄美大島でサクラランが咲いている=写真。桜に似た白い花が玉のように丸く連なり、愛らしく風に揺れて梅雨の野山を彩っている。  ガガイモ科のつる性多年草。国内では九州南部以南に分布。茎を樹幹や岩に絡ませて育つ。花は中央部が […]

アカウミガメ、元気に海へ

 奄美大浜海浜公園(奄美市名瀬)の奄美海洋展示館で保護・飼育されていたアカウミガメの1頭が9日、約120人の親子に見守られながら同公園の海に放流された。雌であれば約30年後には産卵のために奄美大島の海に帰ってくるという。 […]