サンゴ礁の生き物発見 奄美市笠利町で観察会

 奄美市立奄美博物館主催の自然観察会が18日、同市笠利町須野の海岸であった。市内の親子34人が参加。リーフ(干瀬)を歩いてサンゴ礁にすむさまざまな生き物を観察し、奄美の自然の豊かさを体感した。    参加者らは […]

盗掘防止へ監視強化 奄美大島

  奄美大島で希少な動植物の盗掘・盗採が相次いでいることを受けて、関係機関による夜間の合同パトロールが11日、瀬戸内町の林道であった。環境省、瀬戸内町、瀬戸内署の担当者と自然保護関係者ら8人が参加し、不審な人物や車両に目 […]

サンゴ図鑑が完成 喜界島科学研究所

 喜界島サンゴ礁科学研究所(喜界町、渡邊剛理事長)は8日、喜界島の周辺海域に生息するサンゴの図鑑のウェブ版を作成し、ホームページで公開した。調査で確認した130種について、それぞれの特徴や種ごとの見分け方を分かりやすく紹 […]

盛夏彩る奄美の花 きょう山の日

   〇…10日は「山の日」。深い緑に包まれた奄美大島の山では、夏を彩る花がひっそりと咲き、涼しげに風に揺れている。    〇…「夏エビネ」とも呼ばれるツルラン。白いかれんな花が鈴なりに咲き、鶴が乱舞 […]

盗掘・盗採防止へパトロール強化 奄美大島

 奄美大島で相次ぐ希少な動植物の盗掘・盗採を防止しようと、環境省奄美群島国立公園管理事務所は7月から、島内一円で休日のパトロールを実施している。関係機関による平日や夜間のパトロールと合わせて、監視体制を強化する。同事務所 […]

アカショウビン子育て 喜界町・築さん撮影

    喜界町中里の会社員築秀夫さん(52)が25日、アカショウビンが子育てに励む様子を撮影した。親鳥がトカゲや昆虫などの餌を頻繁に運ぶ姿が見られ、愛情たっぷりにひなを育てているようだ。    アカショウビンは […]