珍鳥・白スズメが来訪  喜界町の民家

 喜界町先内(さきない)集落の積山忠久さん(65)の自宅の庭に8月24、25の両日、全身が白っぽい羽と毛の「白スズメ」が現れた。真紀子夫人(61)が24日の夕方に見かけ、忠久さんに知らせた。翌朝、待ち構えていたところに再 […]

アマミクサアジサイ咲く/奄美大島

  ○…奄美大島の森で、同島固有のアマミクサアジサイが咲いている。無数の小さなつぼみが次々と開き始め、5㍉ほどの淡い紅色や白色のかれんな花が秋の訪れを告げている=写真。  ○…渓流沿いの岩場や崖地に生える。クサアジサイの […]

アカハラダカ渡りの季節=奄美大島

 アカハラダカが渡りの季節を迎え、秋の訪れを告げている。奄美大島で10日朝、森から舞い上がった群れが旋回しながら上昇する「タカ柱」を形成し、南へ飛び立つ姿が確認された。アカハラダカは朝鮮半島や中国の東北部で繁殖し、東南ア […]

オオトラツグミ確認   奄美自然観察の森

 龍郷町の奄美自然観察の森で、国の天然記念物で奄美大島だけに生息する野鳥オオトラツグミの姿が確認されている。NPO法人奄美野鳥の会によると、生息環境の回復に伴い、オオトラツグミの分布域は同島の中南部から北部へ拡大している […]

自然観察の森にアマミイシカワガエル

 龍郷町の奄美自然観察の森で、奄美大島だけに生息するアマミイシカワガエルが姿を見せている。背中の黄金色の斑紋が鮮やかで、「日本で最も美しいカエル」といわれる。体長約10センチ。渓流沿いで繁殖する。沖縄のイシカワガエルと同 […]

龍郷町瀬留の海岸にコマッコウ死骸漂着

   龍郷町瀬留の海岸で2日、小型クジラの一種・コマッコウ1頭の死骸が漂着しているのが見つかった。奄美海洋生物研究会会長の興克樹さんによると、死亡後数週間がたっているとみられ、腐敗が進んでいるため死因の特定は難 […]

与名間林道で自然観察会/天城町

 天城町立岡前小学校与名間分校の家庭教育学級(西元章子学級長)は3日、同町の与名間林道で自然観察会を開いた。同町自然保護専門員の岡崎幹人さんを講師に、与名間林道一帯に生息する希少野生動植物などを観察。参加した児童や保護者 […]

野外猫 早急な捕獲排除を 東京でシンポジウム

 シンポジウム「第5回島のネコ問題」が26日、東京・新宿の早稲田大学であった。事例報告やパネルディスカッションを通し、山中で野生化した猫(ノネコ)による希少種食害や人への感染症媒介リスクなど、各地の離島が抱える猫問題の解 […]