珍しいテッポウユリ、和泊町の田浦さんが寄贈

 和泊町の沖永良部花き専門農協事務所に、1株から7本に枝分かれした珍しいテッポウユリが飾られている。花は全部で61輪。四方八方に咲き誇り、農協に訪れた人を楽しませている。    同町上手々知名の花農家、田浦克吉 […]

アマミノクロウサギ特別公開 平川動物公園

 鹿児島市の平川動物公園で19日、アマミノクロウサギが特別公開された。奄美大島と徳之島にのみ生息し、飼育している施設がほとんどない国の特別天然記念物。県本土でめったに見られず、親子連れらが一目見ようと集まった。体の特徴や […]

ウミガメ卵の捕食対策で県が手引作成

 ウミガメの卵が野生動物に食べられている問題で、県は卵を被害から守るための手引を作った。産卵巣の上に網をかぶせたり、卵を移植したりと具体的な取り組みを載せた。奄美大島での対策が一定の成果を上げ、自然保護課は「地域の実情に […]

笠利湾にウミガメ死骸 釣り糸原因か 龍郷町

 龍郷町の笠利湾で6日、アオウミガメの死骸が海面に浮いているのを地元のダイビング業の男性が見つけた。前脚に釣り糸が絡まった状態で、男性は「根掛かりした糸が巻き付いて外れず、窒息死したのではないか」と話し、釣り人らのマナー […]

新種ニゲミズチンアナゴ大島海峡で発見

 奄美大島と加計呂麻島を隔てる大島海峡で2016年に採取されたチンアナゴが、専門家の調査で新種だと分かった。台湾国立海洋生物博物館特別研究員の小枝圭太氏らが調査して標準和名を「ニゲミズチンアナゴ」と名付け、8日に発行され […]

海を越え約1千㌔の旅 三重・伊勢市の海岸で発見 龍郷小児童が半月前にマーキング アサギマダラ

 奄美大島から北上し、三重県伊勢市に渡ったアサギマダラが今月5日に見つかった。アサギマダラは龍郷町立龍郷小学校(橋口俊崇校長、児童26人)の児童らが同校で4月19日にマーキングして放したうちの1匹。およそ半月の間に、海を […]

クロウサギをパクリ ハブが幼獣のみ込む 奄美大島

 奄美大島の山中で6日午前0時半ごろ、国の特別天然記念物アマミノクロウサギをハブがのみ込もうとしている珍しい光景が目撃された。奄美市名瀬の西真弘さん(45)が森の生き物を観察するナイトツアー中に遭遇し、カメラに収めた=写 […]