アカヒゲ、ひなすくすく カヤックに営巣、龍郷町

 10日から野鳥の愛護を呼び掛ける「愛鳥週間」。奄美大島の野山では、繁殖期を迎えた野鳥のさえずりがにぎやかに響いている。親鳥は巣穴にせっせと餌を運び、愛情たっぷりに子育てに励んでいる。    龍郷町芦徳の「アイ […]

奄美自然紀行① マングローブの森、奄美市住用町

  奄美大島中南部、住用湾の奥に広がるマングローブの森。国内では沖縄・西表島に次いで2番目に広い70ヘクタール超に及び、奄美群島国立公園の特別保護地区。亜熱帯照葉樹の山に降る雨が、川からサンゴ礁の海へ流れ出す中継点。多様 […]

カクチョウラン盗掘被害 奄美大島

 奄美大島の山中で2日、絶滅の恐れがあり、県の希少野生動植物保護条例で採取が禁じられているカクチョウラン約10株が盗掘されているのが見つかった。環境省と島内5市町村は大型連休中、盗掘防止に向けた合同パトロールを実施して監 […]

沖永良部島で「ギーマ」咲く

 沖永良部島でギーマが1㌢ほどの白いつぼ状の花を鈴なりに咲かせている=写真。琉球方言名がそのまま和名となった。沖永良部島で「ギイマ」「ギマギ」などと呼ばれる。    奄美大島以南に分布するツツジ科の常緑小高木。 […]

渓流沿いに「ホートー」咲く 奄美大島

 奄美大島でフトモモが咲いている=写真。方言で「ホートー」とも呼ばれる。黄色を帯びてふわふわとした白い花が渓流沿いの森を彩っている。    東南アジア原産の常緑高木。日本では栽培後、野生化したものが屋久島以南に […]

沖泊海浜公園の生態系保全へ 環境省

 環境省はこのほど、奄美群島国立公園に指定されている沖永良部島の沖泊海浜公園(知名町)の外来植物被害予防を啓発するリーフレット「沖泊外来植物ブラックリスト」を発行した。同公園に生育する外来植物20種と、その分布を紹介し、 […]

ギンリョウソウ咲く 奄美大島

    奄美大島の山中でギンリョウソウが咲いている=写真。落ち葉の中から純白の花が顔をのぞかせ、春の森を幻想的に彩っている。    ツツジ科の多年草。和名は「銀竜草」。形を龍に見立てて名付けられた。こうべを垂れ […]