触れるユウレイイカ登場/奄美海洋展示館

 奄美市名瀬の奄美海洋展示館(大浜海浜公園)に14日、触れる「ユウレイイカ」が登場した。市民が寄贈した珍種を剥製化したもので、特殊技術で軟らかい感触などが残っているのが特徴。同館は「実際に触ってみることで海の生き物に興味 […]

奄美市名瀬港にマダラエイ

 「名瀬港で大きなマンタが上がった」―。11日朝、世界最大のエイが打ち上げられているとの情報が本紙に寄せられた。奄美市名瀬の同市公設地方卸売市場のそばを流れる川の底に、横たわったエイを発見。体盤の幅8メートル、体重3トン […]

奄美市住用町の城海岸にスジイルカ死骸が漂着

 奄美市住用町の城海岸で6日昼ごろ、スジイルカの死骸が漂着しているのが見つかった。奄美海洋生物研究会の興克樹会長らが7日に現地で外部計測と解剖を行い、海岸に埋めた。    興会長によると、スジイルカは世界中の温 […]

峰田山のツツジ満開=宇検村

 宇検村の峰田山公園のツツジが見ごろを迎えている。奄美大島は週末にかけて天気が崩れたが次第に回復。日曜日には晴れ間も予想されているため、絶好の行楽スポットになりそう。    村総務企画課によると、同園にはヒラド […]

ケラマツツジ咲く―奄美大島

 奄美大島でケラマツツジが咲いている=写真。和名は沖縄・慶良間諸島に由来し、奄美が北限。鮮やかな赤い花びらが美しく、春の森を彩っている。    山地の渓流沿いなどに自生する常緑低木。森林開発や園芸採取で激減し、 […]

洋ラン 庭いっぱい 名瀬・里の池田さん

 ○…奄美市名瀬小宿里地区の池田厚さん(80)、正子さん(79)夫妻宅で、洋ランのデンドロビュームが見ごろを迎えた。ピンク色の花が庭いっぱいに咲き誇り、来訪者を楽しませている=写真。    ○…50年前に鉢植え […]

アマミエビネ開花 奄美大島固有のラン

 奄美大島の森でアマミエビネが咲いている=写真。白く、薄紅色を帯びたかれんな花が風に揺れ、春の林床を彩っている。   同島固有のラン。開発や盗掘などで年々姿を消す。環境省のレッドリストで、ごく近い将来絶滅の危険 […]

ツルヒヨドリ防除へ奄美大島で分布調査

 環境省奄美自然保護官事務所は2017年度、奄美大島に侵入した特定外来生物のつる性植物ツルヒヨドリの分布調査を実施した。これまでに奄美市、宇検村、大和村、瀬戸内町の12地点で確認され、国道、県道沿いののり面などで多く見ら […]

ペットもハブに注意!

 春を迎え、これから奄美ではハブへの注意が必要になる。犬や猫などのペットもハブの脅威は人間と同じ。ゆいの島どうぶつ病院(奄美市名瀬)の伊藤圭子院長は「犬、猫はハブにかまれても大丈夫という考えは誤りで命の危険がある。万が一 […]