難曲に挑み関東大会優勝/奄美市の永田さん

 奄美市の生涯学習講座で詩吟の講師を務める永田浩郎さん(73)=奄美市名瀬根瀬部=は16日、東京都品川区であった関東地区吟詠コンクール(EMIレコーズ吟詠会関東地区主催)で優勝した。永田さんは「指導者としても自信が得られ […]

世界に響け平和の心 奄美平和音楽

 奄美大島内外の6人による「第1回奄美平和音楽祭」が23日、奄美市名瀬の奄美文化センターであった。奄美の唄者4人に、歌手の古謝美佐子さん(沖縄県出身)、カルメン・マキさん(神奈川県出身)が加わり、音楽を通して平和への祈り […]

5月14日に奄美フェスタ  東京奄美会青年部

 東京奄美会青年部主催の第5回奄美フェスタが5月14日、東京の上野恩賜公園で開かれる。同青年部の原田尚樹さんが19日、江東区のコミュニティーFMの番組で多数の来場を呼び掛けた。フェスタは、奄美群島出身やゆかりのあるミュー […]

教科書表紙に一村採用/高校美術、13年版に続き

 光村図書出版㈱(東京都)が発行する高校美術教科書の表紙に、奄美ゆかりの画家・田中一村の絵画が採用され話題となっている。表紙を飾ったのは一村の「初夏の海に赤翡翠(アカショウビン)」。墨絵のようなビロウの葉と岩場のシルエッ […]

島の安穏、豊穣祈願/「与論十五夜踊」今年初

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「与論十五夜踊」が旧暦3月15日に当たる11日、与論町の地主神社境内で奉納された。踊り手は一番組と二番組に分かれ、交互に踊りを奉納。嶋中安穏(島の安寧)と五穀豊穣(ほうじょう)を祈 […]

100周年記念誌が完成/関西奄美会

 関西奄美会の創立100周年記念誌(同記念誌委員会編集)が完成した。4月16日、尼崎市で開かれる創立記念大会(総会)に合わせ発行される。テーマは「歴史に学び、未来へつなごう」。奄美群島の日本復帰運動など郷土の復興と発展に […]

墨書白磁、与路小中校内から/南西諸島で初出土

 瀬戸内町教育委員会は16日、与路島の町立与路小中学校敷地内から、中国・宋代と見られる墨書の白磁が出土したと発表した。墨書の陶磁器が見つかったのは南西諸島では初めて。町教委は「12世紀ごろの日宋の交易活動が奄美群島にも及 […]